栗林 健太郎

  • ソフトウェアエンジニア
  • GMOペパボ株式会社取締役CTO
  • 日本CTO協会理事
  • 情報処理安全確保支援士(登録番号:013258

自己紹介

1976年に生まれ、幼少期より高校卒業まで奄美大島で過ごす。1995年、東京都立大学に入学。法学部政治学科において、日本政治史および行政学を中心に学ぶ。卒業後、2002年に奄美市役所に入所。2008年、職業としてのソフトウェアエンジニアに転じた。

2008年5月、株式会社はてなにWebアプリケーションエンジニアとして入社。開発言語としてはPerl5、JavaScript等を用い、ポータルサイト、はてなダイアリー、はてなブックマークなど多くのサービス開発にたずさわるとともに、新サービスの開発にも従事した。

2012年5月、株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ株式会社)に技術基盤整備エンジニアとして入社。開発言語としては主にRubyやGoを用いた全社的な技術基盤の整備の他、RailsやPHPで書かれたサービスの開発にも従事した。また、開発プロセスの改善にも取り組み、リーンプロセスやスクラムの導入にも寄与した。

2014年以降は、マネジメントを担っている。2014年8月、GMOペパボ株式会社の技術責任者に、2015年3月、執行役員CTOに就任。エンジニアリング組織の整備を行った。2017年3月、取締役CTOに就任し、技術経営(技術に関わる全社での戦略策定、実行)を担う。また、2018年、情報処理安全確保支援士の登録をした他、セキュリティに関する新事業開発の取り組みも行っている。

個人的な趣味は、読書。主に、社会科学、人文学、歴史関係の本を、毎年200冊以上読んでいる。また、最近はアート、江戸前鮨、ワインを愛好している。ギャラリーをまわっては面白そうな作品(現代アート、作家ものの陶磁器や骨董が主)を探したり、江戸前鮨の良店の開拓に勤しんだり、ワインエキスパートの資格取得を目指したりている。

所属

学歴・経歴

  • 2019年9月: 一般社団法人日本CTO協会・理事(現任)
  • 2019年3月: GMOペパボ株式会社・CTO室長(現任)
  • 2018年9月: GMOペパボガーディアン株式会社・取締役(現任)
  • 2018年3月: GMOペパボ株式会社・セキュリティ対策室長
  • 2017年3月: GMOペパボ株式会社・取締役CTO(現任)
  • 2016年7月: GMOペパボ株式会社・ペパボ研究所長(現任)
  • 2015年3月: GMOペパボ株式会社・執行役員CTO
  • 2015年1月: GMOペパボ株式会社・技術部長
  • 2014年8月: GMOペパボ株式会社・技術責任者
  • 2012年5月: 株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ株式会社)入社
  • 2012年4月: 株式会社はてな退社
  • 2008年5月: 株式会社はてな入社
  • 2008年3月: 鹿児島県奄美市役所退所
  • 2002年4月: 鹿児島県奄美市役所入所
  • 1999年3月: 東京都立大学法学部政治学科卒業
  • 1995年3月: 鹿児島県立大島高等学校卒業

執筆物

書籍

  • Roy Osherove著, 島田浩二訳, 『エラスティックリーダーシップ―自己組織化チームの育て方』, オライリー・ジャパン, 2017年, ISBN 978-4-87311-802-4.
  • 貝瀬岳志・原田勝信・和島史典・栗林健太郎・柴田博志・家永英治, 『スクラム実践入門 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス』, 技術評論社, 2015年, ISBN 978-4-7741-7236-1.
  • 栗林健太郎, 『入門Puppet - Automate Your Infrastructure』, 達人出版会, 2013年, 電子出版.
  • 宮川達彦・伊藤直也他, 『Blog Hacks プロが教えるテクニック & ツール100選』, オライリー・ジャパン, 2004年, ISBN 4-87311-174-9.

商業誌

  • 栗林健太郎他「Vol.100記念企画2 TOPエンジニアを支える1冊」, WEB+DB PRESS, Vol.100, 技術評論社, 978-4-7741-9129-4
  • 栗林健太郎・卜部昌平・藤本真樹・藤井大洋, 「私のキャリアチェンジ その道を選ぶまでに考えたこと」, WEB+DB PRESS, Vol.96, 技術評論社, 2016年12月23日, ISBN 978-4-7741-8578-1.
  • 栗林健太郎・柴田博志・常松伸哉, 「これからも続く「改善」へのとりくみ」, Webサービス開発徹底攻略, Vol.2, 技術評論社, 2016年2月16日, ISBN 978-4-7741-7952-0
  • 栗林健太郎・柴田博志・家永英治・原田勝信・和島史典, 「実践スクラム 最も採用されているアジャイル開発手法」, WEB+DB PRESS, Vol.78, 技術評論社, 2013年12月21日, ISBN 978-4-7741-6120-4.
  • 栗林健太郎・柴田博志・黒田良・常松伸哉・安宅啓, 「複雑性の増大と環境の変化に対応する継続的Webサービス改善ガイド」, WEB+DB PRESS, Vol.75, 技術評論社, 2013年6月22日, ISBN 978-4-7741-5719-1.

Webメディア

研究実績

国内発表(査読無し論文)

その他の研究実績(共著論文、研究開発に関する口頭発表)については、ペパボ研究所における研究開発成果、および、Google Scholarを参照のこと。

口頭発表

国外

国内

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

資格・検定

  • 情報処理安全確保支援士(登録番号:013258
  • 英語:
    • TOEIC 860点(2017年12月)
    • TOEFL 73点(2019年8月)

連絡先

kentarok@gmail.com