イロトリドリノ

するりと指先をコップがすべりはじめる。

ああ、マズいな、と思いつつもガラスがすぅっとのこしていく指先の感触がなんだかとても貴重なものに思えてうっとりしていた。いまやコップは完全に僕のもとから離れ落ちてしまっている。

机の上にすとんと落ちたコップの転がるさま。わずかに残ったミネラルウォーターのやや青みがかった切れ端を数滴ばかり散らしながら。僕は目がまわっている。光がガラスに反射してぱらぱらとあたりに降り注いでいるのだ。

コップが宙へと飛躍した。

このままではコップは床に落ち、割れてしまう。ガラスの割れる音。そのときなにかが変わってしまいそうな気がする。あれはなんだったろう? 日常は深窓の令嬢なのだが鏡が割れると、「不良少女」へと変貌してしまう女の子の話…「ヤヌスの鏡」ってそんな話だったろうか…たぶんそうだ。ガラスを割ってしまったことと「ヤヌスの鏡」をからめて今日の日記のネタにしてしまおう。書き出しはこんな感じ。

するりと指先をコップがすべりはじめる。

ああ、マズいな、と思いつつもガラスがすぅっとのこしていく指先の感触がなんだかとても貴重なものに思えてうっとりしていた。いまやコップは完全に僕のもとから離れ落ちてしまっている…

まだ書いてもいない文章を <blockquote> でマークアップするのはやはりまちがっているのだろうか? 間違いだとしたら、他に方法があるのか。

きらきらと軌跡を描いてコップが落下していく。いまならもしかしたらつかめるかもしれない。

こんなことをぼんやり考えている場合ではないのではないか。コップが割れてしまうとかなり面倒な事態になるだろう。後片付けをしなければならなくなる。多分僕は面倒臭がって、あるいは面白がって、砕け散った破片を放置し、眺め、もてあそぶうちにきっと指先から血が流れることになるだろう。

そういえば、BBS でふにさんと kina さんが「音そのものの速さ」についてそれぞれ見解を述べてらして、とても興味深いのだが、いまこの瞬間、虹色の空間、「速さ」そのものが具現している時間をうまく伝えたいけれども、たぶん僕には無理だ。

風が吹いている。

速さ。多分いま僕が考えていることをそのまま文章にしたら、なにごとかを伝えることができるかもしれない。とはいうものの、こういう手法は僕のオリジナルではなくて、『東京大学物語』において江川達也が編み出したものだ。主人公の村上直樹がテンパっていることを表現する際、背景に文章をしきつめ、終わりに(0.1 秒)などとすることによって、つまり空間の密度を徹底的に高めることによって、速さを表現した。

落ちていく。

しゃんしゃんと音を立ててコップは砕けた。

(約 3 秒)

TOP ページに日記はウザい?

ウザいですか?

まぁ、サイトの内容によると思いますけどねぇ。ウチは僕のぼそぼそ話をぺとぺと置いてあるだけのサイト(不明)ですから、毎日更新するであろう日記が表にあったほうが御覧になる方が面倒臭くないかな、と思ったり。

だから、日記が TOP にあるのはウザい、なんていわれたら「じゃぁこのサイトにウザくない文章があるのか、おぉ?」と逆ギレすることにしました。

勇者スレ

水芹さんが Dream-Seed

ふらふら帝国

例によって Soundspal でお買い物。

とりあえず、ROEDELIUS “PINK,BLUE AND AMBER” を激賞!

ドラゴンいつもは大いばり

でもさみしいかなわぬ恋

恋 恋…

1曲目 “POETRY” より

唐突にこんなややアレな歌詞を謎の日本人女性が訥々と歌い、語るのです。かと思いきや、ピアノやサックス、フルート等の様々な音色ををミニマルかつメロディックに織り交ぜた音像はこのうえなく繊細で優美。うむ、この人のことは知らなかったが、ちょっとチェックしとかねば。

その Soundspal さんのお話では、ある日、ボアダムズの EYE が「あ?、どうもぉ、EYE ですぅ」とひょっこりお店にやってきたそうです。見たかったな?。

掲示板

まえから気になっていた掲示板のリニューアルを果たそうと、ちょっといろいろやってます。リニューアルといっても、面倒だから新しいものととっかえてしまおう、ということなのですが。apeboard というものの存在を最近知ったのですが、これはデザインをカスタマイズする機能に優れているようで、これならこのサイトのデザインに合わせた掲示板を設置することができそうな気がする。

…と思ったのは束の間のこと。考えてみたら、僕が HTML について知っていることといえば、このサイトで使われているタグぐらいのもので、ということは、form タグなんてさっぱり、なんです。う?ん、困ったなぁ。そこでちゃんと本を読んで勉強すればいいのに、面倒なので Dreamweaver さんの力をお借りして…。

そのスピードで

VAIO U を注文したことは 先日ここに書いたとおり なのですが、いまだに届かないので、パンフレットに掲載されている原寸大の写真を切り抜いて、持ち上げてみたり、キーボードをたたくまねをしてみたり、傍から見たらちょっとアレなんじゃないか?というようなことをしています。

急いてはことをし損じる、などという言葉がありますが、こんなエピソードはどうか。

柄谷行人の運転はあの中上健次ですら恐れさせたといいます。というのも、柄谷にとっては、運転途上の道行きなどどうでもよく、ただただ目的地に、最速・最短距離で到着したいのだと。それでとんでもなくむちゃな運転をするのだそうです。

ふと思い出すのは、29 歳で早世してしまった偉大なるサックス奏者・阿部薫が残したこのフレーズ。

ぼくは誰よりも速くなりたい

寒さよりも、一人よりも、地球、アンドロメダよりも

どこにいる、どこにいる

罪は、

阿部薫 1949 – 1978』 より

酒場でコースターに書き殴られた詩。いや、詩を超えた、スピードそのものの具現。僕がスピードに憑かれ、性急さに身を委ねてしまうのはそんな彼らをこよなく愛するからなのです。速いこと、生き急ぐこと、可能性の中心を常に射抜くこと。

以上、VAIO U を待ちきれなくて一人遊びをしてるのは思想的な行為なのであって、断じてアレなことではない、という口上を述べてみました。