• 「嫌韓感情」再び

    DAC 日記で さらに僕の不明をつっこんでいただいている のですが、なんか、僕は見当違いのことを書いているのかしら と書いたのは、まさにその 距離感 を自分が見誤っているのではないか、と思ってのことだったのです。とりあえず僕が興味を表明したのは「嫌韓感情」そのものというよりもむしろ、そういう感情を信じて疑わない人々の在りかたについてであって、ややもすると、差別の実態を軽視していると受け取られてもしかたがないのかもしれないなぁ、と反省しました。有益なリソース を教えていただいたので、読ませていただきたいと思います。

    そういう意味で僕はこの問題について書いたのですが、indigoworks 6 月 23 日の記述 はちょっと、う?ん、と思うところが多々見受けられたのですこし述べてみたいと思います。

    彼らの「民族性」が嫌いなんですね とでごさんが思われるのはわからなくもないですけど、ひとたび集団になると、なんでああ反日感情むき出しにしてくる というのは、「民族性」を云々するにはやや精確さに欠いているのではないかと思います。というのは、そりゃ、そういうひとたちもいるでしょうけど、彼らと「韓国人」とはイコールじゃないでしょう。映画「ライジング・サン」を観て「日本人はキモい」っていうのと変わらないと思いますが。また、「あなたがたは日本と仲良くしたいの? したくないの? どっちなの?」と問いたくなってしまう とのことですが、「仲良くする」という発想と外交の発想とはまったく異なるものなのではないでしょうか。あえて単純化していえば、「韓国」と「反日感情をむき出しにしてくる集団」とは別のものなのであって、韓国が外交の場において「過去の歴史」を持ち出すのは 被害者意識 でもなんでもなくて、単にそういいさえすれえば日本がなんでも譲歩しちゃうからですよ。

    2 ちゃんの韓国朝鮮絡みは真剣に取り合わないほうがいいのでは、と釘を刺しておきたい気分 とのことですが、もちろんまともに取り合っていっているのではなく、2 ちゃんでの荒れ方はネット独特の異常なもの であることを承知しつつも、「韓国・朝鮮人は差別してもよい」という共通了解がある種の人々の間でなんらかのきっかけで成立しうるほどにそのような見解が 2 ちゃんねらの方々(主に 10?20 代だと思いますが)に浸透しているのかとびっくりしている、ということをいってるのです。この点については、世の人々がどれだけ性根が腐っているのか、僕が不勉強なせいで知らないというだけの話なのかもしれませんが。

    「日本が朝鮮を植民地化するために、朝鮮人を未開の地の野蛮人として国民に叩き込ませることが、当時の日本の国策だった。福沢諭吉を初めとする知識人たちが新聞でそれを煽った」 という 社会化教師 の発言を紹介しておられるわけですが、小説の登場人物の背景を語る意味でおっしゃっているのなら、なるほど、と思いますけど、嫌韓感情、というかもっと広く、かつて日本が殖民支配していた国々の人々に対して差別的な感情が残っていることを正当化するためであれば、「それが何か?」といわざるを得ません。事実としてそういうひとがいることは承知しますが、現在に生きていて、まだそのように思い込めるとしたら、彼/彼女は単に馬鹿です。

    在日朝鮮人と、朝鮮半島の国々のそれぞれの国民とを区別していないように読める書き方をしていたのは僕の不明でした。反省。歴史についてももっと勉強しなければならないと思います。

    なんかすっごく長くなっちゃったのでとっととまとめますが、

    • 反日感情むき出しの韓国人と、「韓国人」の「民族性」とは異なる
    • 韓国が外交でウザいことをいってくるのは単なる外交上の戦略なのであって、日本はそれに対して有力な対策を考えればよいというだけの話
    • 過去の日本の政策や価値観を現在の観点から批判するのは無意味だが、かといってそれが現在に存在することの正当化にはならないでしょ

    …てな感じです。もっといろいろ細かい話もしたいですが、粘着するみたいでアレなのでやめ。ややきつい言葉遣いがあったかもしれませんが、そこはそれ、「議論」ですのでお見逃しくださいね。

  • 阿呆じゃないもん!

    他のコンテンツの更新が滞りまくっているにもかかわらず、新規のコンテンツを作ろうと一日頑張っていたのですが、なかなかうまくいかなくて疲れてきたので、唐突に カワイイ攻撃 を繰り出すことにしました。

    詳細はリンク先で! って、なんのことだか全然わかりませんね。

  • 新しい朝がきた!

    ていうか、さっき(正午過ぎ)起きたんですけど。

    喉はがらがらするは頭は痛いはで、ああ今日も僕は生きているのだなぁ、と健康的な感慨に朝っぱらから耽りつつ、煙草を買いに家の隣のコンビニへいってきたのでした。さて、巡回先をチェックしようかと、起動し終えた PC に向かい、煙草に火を点け、コーヒー缶のタブをプシッと…って、おい!あまりにもナチュラルなので、自分でも全然気付かなかったのですが、禁・缶コヒ宣言したばっかじゃん!

    一度寝ると、全てがリセットされてしまうようですよ。悩みごとも寝ちゃえば解消! 便利、便利…。

  • 言葉足らず

    昨日、僕にとって韓国は、アメリカのことはどうでもいいや、という意味でどうでもいい国なんですけど書いた ことに対して、DAC’s Collection Of Texts6 月 23 日の DAC 日記 で、思ったままを正直に言い放てられれば樂だ。なかなかかうスツキリ本當に思ふところを言へないものだ。俺は、感心しつつ同感する、とおっしゃっていただいたのですが、ちょっと補足を。

    ワールドカップのごたごたのことで「韓国は云々」というのは別にそれはそれでかまわないと思います。個人的には馬鹿げていると思いますが、「一国の代表」同士が争う場であるわけだから、なんかあるとすぐに国全体へ評価が及ぶのはまぁしかたないのではないかと。なんでそんなことを書いたかというと、6 月 21 日のねこめしにっきに、今回の共催は、パンピー日本人の眠ってた嫌韓感情を掘り起こしまくってしまった感があるですな、と書いてあったのを見て、う?ん、なんだかな?、と思ったからなのでした。

    嫌韓感情、ってのが僕にはよくわからないんですよね。真っ先に思いついたのが、2 ちゃんねるの韓国や北朝鮮が嫌いであるらしいひとたちのことなのですが、おそらく 10?20 代のひとたちがああいう風に朝鮮半島の国々を嫌うようになるってのはなんなんでしょ?ネタもあるのでしょうが(民族性を面白がるという意味で)、本気なひともいるわけですよね。また、”GO” という映画で、窪塚洋介柴崎コウがホテルで事におよぼうとしたときに、窪塚が実は在日朝鮮人であるということを明かされた柴崎が、中国人や朝鮮人は血が汚いから付き合っちゃダメだとお父さんにいわれた、などといってふたりの仲が壊れる、というシーンがありましたが、ああいうのも「?」という感じです。

    とはいえ、自分や自分の身の回りにそういう発想がないからその問題と僕とは関係がない、といいたいわけではありません。事実としてそういう感情があってそれが社会的な影響力を持つ以上、ちゃんと考えなければならないことだと思います。しかし、僕が興味を持ったのは、なぜそのような荒唐無稽な発想が社会的な影響力を持ち得るのか、ということのほうであるわけです。だって、「嫌韓感情」なんてなんの根拠もない思い込みが幅をきかせているってのはかなり不可解ですよ。