今日はお盆の送りの日なのでお墓に行ってきました。こんなちいさな町にこんだけたくさんのひとが住んでいるのか、と毎年驚くほどの人出。知っているひとに出くわさないようにできるだけ頭を下げて歩かねばなりません。とはいえ出くわさないわけがなくて、愛想よく挨拶してまわる僕なのでした?(今日のわんこ)。

つか、そんなことはどうでもいいんですよ。激ヤバ美少女! 紺野あさ美を美少女にして、さらには顔をすっきりさせたんだけどやっぱりぽへぇーとしている感じの女の子。カメラカメラ! 激写しなきゃ?、と叫んでまわったり。さすがにお墓にカメラを持参することはなくて、平和ボケに飼い慣らされ狩猟感覚を喪失してしまった愚鈍な自分に罰を科すためにビールをがぶがぶ飲んで酔っぱらってしまう。

美少女とアヴァンギャルドな音楽とが活力源、という生活。どうよ? …というか、あれ? 昨日買った山田風太郎の『戦中派焼け跡日記 昭和 21 年』の影響を早速受けまくって、数十年後に 一級の平成史新資料 55 年経て初公開 なんて煽りを付されるような日記を書きはじめるつもりだったのに…。おかしいね。