またひとつ、この暗く絶望的な人生をかすかに照らす希望が潰えてしまいました。僕があやや云々いっていたのは、カモフラージュ。本命は宇多田ヒカルだったのに…。悲しいことです。