気絶するほど悩ましい(古

今日はせっかくのお休みの日だというのに頭が痛くてうんざりです。なんにもやる気が出ないので、寝て暮らします。「なにかいいクラッシックの CD があったらば貸せ」という友人に、これならまぁつまらないということはなかろうと思い貸与したグレン・グールドの「ゴルトベルク変奏曲 ’81 年版」が返ってきたので、そればかりずっと聴いていました。

おそらくは目の疲れや肩凝りからくる頭痛に苛まれているときはいろんなことに感覚が敏感になっていて、ひさしぶりに聴くそのあまりにも優美な調べにうっとりとしていると時々感極まってしまい、急に息苦しくなってがばっととび起き、呼吸がうまくできているかどうか確かめなければならなくなるのです。

鑑賞した作品について、論理的な分析をもとにした批評的言辞を吐くのをやめてどれくらいになるのだろう。おそらくは音楽を真剣に聴くようになってから僕の芸術に対する態度は一変してしまい、いまでは精神をどれだけ変調させられるかに評価の軸が偏っていて、それゆえ感想を書くにしても「?を読んで絶望的な気分になった」とか「?を聴いて踊ったら楽しかった」とか印象批評というか印象そのものをつたない言葉で書きとどめておくことしかできなくなり、大変にマズいことだとは思うものの、いまはまだリハビリの途中なのです。

とはいえ批評を否定するどころかむしろそれらを読むのが好きで、上記したような消費生活を送っていれば当然のことなのですが、「作者」が創造した「作品」があってそれを僕が消費するという前提はあるにしろそれ以上の楽しみを得たいと常に思っているのであってみれば、批評的な言辞やゴシップや謎解きやその他諸々の周辺的事項をぐだぐだに放り込んだ世界そのものの力にうっとりとしたい。窒息してしまうほどの感情の昂揚に耽る頽廃を生きることをどのように言葉で以て書きあらわせばよいのか。

…という文章を以て、音楽と映画のページを放置していることに対するいいわけに代えようといま思いました。いや、このサイトってば立ち上げ当初の目論見では芸術批評サイトになるはずだったのですが、僕の興味がどんどん Web 関連のお話の方へと移ってしまったので。

謎の新 UA か?

“ayaya/6.0 a ikuyo/1.2.3” ってのが来た。

ワラタ。

藤本美貴 かぁ…。気になってはいるのですが、どうなんだろう…。ちょっと安い感じだなぁ。

Linux マシンの方に webmin を入れてみました。これは便利ですよ! 楽すぎてまるで勉強にならない気がしますが。これからいろいろ触ってみて、よさそうならサーバの方にも導入しようかなぁ。

アホなこと書いてごめんなさい。狂っていました。

サイバーパンクという感じ

世の中が便利になった反面、こういう怖いこともあるようで。

この記事を読んで思い出したのが、TV.Bros に掲載されていた川崎和哉さんの記事なのでした。それによると warchalking というのが欧米では流行っているとのことで、それはどういうことかというと…。

街中で無線 LAN にアクセスできる場所を見つけて、地面にチョークで印を付けていく。仲間はそれを見て、そこでインターネットにアクセスできることを知ることができる

というものであるそうです。記事中で紹介されている Warchalking というサイトへ行くと、どこそこでプロテクトの甘いポイントが見つかった、なんてなことが書いてあってとってもアレな感じ。で、その印というのが、こんな感じ で、その回線の帯域はどれぐらいかといった情報も記すようになっているみたいなのです。その印は、元はというと、浮浪者が仲間にいろいろな情報を伝えるために考案した “hobo sign” というもので、「チンピラがつるんでいるところ」「警察が見回りにくるところ」なんていう印などがあってなかなかに面白いです。

もちろんセキュリティはしっかりすべきであると思いますし、悪いことはしてはなりませんが、こういう話を聞くとなんだかわくわくしてくるのも事実なのです。なんというか、これぞサイバーパンクという感じがしませんか? 街中にインターネットへの入り口がそこここに開いていて、謎のサインを元にその場所を探り当て、ネットワークにログオンする怪しげなひとたち。興味深いお話だと思いました。