ローザンヌの付近の道でロケをしていると、警察が来て、「ここは緊急事態のときしかクルマを止めてはいけない」と言うんですが、それに対しゴダールが「いや、今こそ緊急事態だ、この光は10秒しかもたないんだ」と言うんですね。

浅田彰・講演「転換点に立つゴダール」 より

購入したその日に 5 周ぶっ続けで聴き「これはものすごい傑作だよ!」とひとりで興奮して以来 CD 棚の奥へしまいこまれたままになっていた CORNELIUS の “POINT” を聴いたり、エバゲ (© 山形浩生)の 6 話まで(あの辺までがいちばん好き)を見返したり、すなわち、鬱いです。数年前のパラダイムにいまだ囚われたサブカル少年みたいな、土曜日の午後。

果てしなく drop する雨に打たれて煙草を買いに出れば、信じられないほど美しく、青い世界(陰鬱で重たくて絶望的な)。ふわわわ?、と僕、歌いながら。自動販売機で煙草を買ってふと顔を上げたときには、もうあたりには真っ暗な夜が満ちていた。10 秒しか持たなかったある光。

CORNELIUS といえば Blogging with Cornelius なんてな記事があるんですが、どうなんだろう? 小山田圭吾が blog っつっても一年に一回も更新しなさそうな気がするなぁ。書いたとしても「子供、かわいい」とかそんなことをちょこっと、という気がします。

まぁとにかく、「鬱い、鬱い」とぐだぐだいっててもしかたがないので お誘いも受けていることだしウワサの「夜の喫茶店」 へ繰り出すことにします。つか、なんだそれは?