なんかすごい話だなあ。偶然生まれたとみられる ってのがまたアレっつーか SF じみてて、不謹慎にもワクワクします。

なんかの本で読んだ話(確か、『進化するコンピュータ』とかいう草思社の本だった気がするけど、見つからない)では、自らの力で以て成長・進化するプログラムもあるとのことで、そうなるともうグレッグ・イーガン的な世の中になりつつあるのかなあと、楽しい気持ち。

もちろん、喜んでばかりはいられないのでしょうが…。