帰宅後、Gretchen という WAV ファイル・エディタで以てひたすらいろんな音楽を切ったり、張ったり、混ぜ合わせたりしていました。以下、実験成果。

東浩紀が OVAL の音楽を評して「データベースそのものの音」というようなことをいっていましたが、まあ、そういう試みですね。単なるノイズですが…。しかし! 高度消費社会という現実を忠実に反映しようとすれば、それは必然的にノイズにならざるを得ないのだ!

…ギッタギタのグシャグシャにしたそれぞれの曲を 10 曲ほどミックスした時点でアホらしくなってやめました…。つか、僕はなにをしているのか…。電波じゃないぽん…。

その過程で、なにかいいフリーソフトはないものかと探していたのですが、2ch DTM 板 フリーソフトスレより ソフトウェアリンク集 というサイトで知った Saiko というトランス・ミュージック生成ソフトが面白かった。ぐりぐりメータをいじくるだけでいかにもそれっぽいトランスが流れ出すというもの。にわか DJ 気分を味わうことができます。もちろん、10 分ほど楽しんだ後には「漏れはなにをしているのだろう…明日はクリスマス・イヴだというのに…氏のう…」という気持ちになります。お勧めです。