仮名遣いの変更については、正直いってやりきれない思いが残りますが、僕など思慮するに遠く及ばないお考えがあっての選択なのでしょう。

というわけで、通常スタイルで再起動。