ROCKIN'ON JAPAN 10,25 APRIL 2003 VOL.244
ROCKIN’ON JAPAN 10,25 APRIL 2003 VOL.244
20 代はイケイケ!

外に昼食を食べにいったらたまたま隣にすわったおっさんが電波リーマンで、身なりはしっかりしているのに「あばぁ、あががががががぁ」などとうめいており、新聞を読みながらげらげら笑ったり、カウンタに財布から小銭をぶちまけて何度も何度も数えたり、僕が注文したランチが届くと身を乗り出してじろじろじろじろ睨め回したり、まぁそういった高圧的にエレクトリックな行動に打って出るものだから、たいそう困った。

今日も疲れ果てて TSUTAYA で立ち読み。氣志團綾小路翔に引かれてロキノンジャップを手にしてインタヴュを読み始めたのだけど、ダメだ、ヤバい!!! 笑いがこらえらんね。うぐぶぅっ、ぶぶびぃ、ぶふぁっぶひぐふぁっ!!! これでは昼間みたあのデンパティカと変わらない。だって好きな女の子が山本淳一の下敷きを持ってたり、ツッパリなのに非常階段の「蔵六の奇病」のジャケットに色を塗りっこするオタク仲間がいたり、『BE – BOP – HIGHSCHOOL』、当時 1 巻から 13 巻ぐらいまでしか出てないんですね と意味なくディテールを語ったり、ともかく世代的にハマり過ぎてるディテール満載のホラ話(?)。5 月下旬にインタヴュが単行本化されるということで、いまからすごく楽しみです。つか、確実に必読書!!!