舞城王太郎の『阿修羅ガール』が受賞した第十六回三島由紀夫賞選評が公開されています。島田雅彦による選評が面白い。

??ええかげんにせえや。

宮本輝サンはそういって、×をつけた。それに勝る批評はあるまい。許しがたいだろう、こんな奴。おととし中原昌也に授賞させたと思ったら、今度は阿修羅かいな。輝サンはマジで怒っており、最初に〇をつけた筒井サンの首を絞めそうだった。

[島田雅彦・第十六回三島由紀夫賞選評「阿修羅がる男
より]

まぁ文学賞なんてなんの影響力もないのだろうし、そもそも候補作に優れた作品がないのならば、いっそ少しでも話題になるような作品を選ぶという方向でよろしいのではないでしょうか。

ちなみに 先日購入した『九十九十九』 は、とてもじゃないけど読めません。いくらなんでも時間がもったいない。