あー、なんか「日本でも FOAF が流行ってるらしいね」って感じで ちるくるさん をはじめとする身近な方が FOAF 本家サイトのウェブログで紹介されている。

FOAF を、特に Web ブラウザ向けに XSLT でごにょごにょしたり、ていうか、その xsl ファイルを参照しあったりするのが珍しいみたいですね。あと、なんか I wish I could read these pages! とかいって嘆いていらっしゃる。うむ、英語圏の方にも配慮する必要があったりもするのかなぁ。よーし、パパ「Sorry,This Homepage is Japanese Only」とか書いちゃうぞ(2 バイト文字で)! という冗談はともかくとして、日本語が読めないから詳しい事情がわからんのでそのへん教えてほすぃとのことなので、英語の達者な方は是非。