先日購入した 5 冊 のうち、とりあえず舞城王太郎煙か土か食い物』『暗闇の中で子供』、佐藤友哉フリッカー式』の 3 冊を読んだ。『煙?』は、評判に違わぬ面白さで一気に読み終え、そのまま『暗闇?』へ。これは、ほんとにすごいと思った。作者がどうしてここまで小説にのめりこまなければならないのか、そういう妄執みたいなものをほとんど理解できないのだけど、本気でやっていることはわかる。面白い。佐藤友哉の方は、しかしやっぱりサブカルチャ的な感傷(ってなんなのかわかんないけど)が退屈だったりもするのだけど、それでも今回は面白かった。

というか、わけがわからない。