式日

面白かったねぇ。とはいえ、観ることをひとに勧めようとは思わないけど。

まぁいろいろと寒い点はあったけど(先行きが見えなくなったアニメ作家が故郷にかえってぐだぐだする、とか)、そんなことはどうでもよくて、作中のモノローグにて現代の映画その他を含む表現もろもろについての批判めいた言辞が聴かれるのですが、この映画をイイ! というひとの中には僕みたいに藤谷文子の素晴らしさに打ち震えただけってなキモい奴が多いのではないかと思うのだけど、それもそのはず、だって次から次へとあんだけ繰り出してこられたら、ねぇ。そういうのって、けっこうキツい矛盾だよなぁ。そしてそれは消費者のせいというだけのことではないはず。

結論としては、藤谷文子が本当に素晴らしかったことを繰り返し述べまくりたい、ということで。