おべんきょしようとぱすこん本を開くも気力がなくてすぐさまぱたんこ閉じてぐでーっとかなっちゃってるありさまなのですが、そゆときにふと読みはじめる『パサージュ論』の面白さ。あぁ、なんだかんだいってもそういうのが幸せなのだなぁ。