24 アワー・パーティ・ピープル

24 アワー・パーティ・ピープル」を観ました。マンチェがどうのとかいわれてもニューオーダーすらまともに聴いたことがないのでアレ過ぎてるという文化的貧困ぶりなのですが、ともあれ僕はこういうかつて栄華を極めた存在の盛衰を描く映画が大好きなので、出てくる固有名詞がさっぱりわからないにも関わらず、大変に楽しめました。最初は赤字続きだった「ハシエンダ」というクラブが次第に大きくなって客がたくさん入るようになりさぞ大儲けしたことだろうと思いきや、客が盛り上がっているのは店が提供する酒によるものではなく巷の売人から購入するエクスタシーによるもので、そのせいで店の売り上げは全然のびなかったのだというエピソードが面白かった。