MonthOctober 2003

阿部和重『シンセミア』他

シンセミア(上巻)
シンセミア(上)
シンセミア(下)
書きあぐねている人のための小説入門
自由を考える – 9・11 以降の現代思想
動物化する世界の中で – 全共闘以降の日本、ポストモダン以降の批評
ダイヤモンド・エイジ
エクスプローリング・ザ・マトリックス
  • カレン・ヘイバー・編、 大島豊・訳
  • 書籍
  • ISBN:4796880119
  • 03/10/18
  • 1,800 円
  • 小学館プロダクション
Lido
Lila
  • HIM
  • CD
  • PCD-4273
  • 03/10/10
  • 1,800 円
  • P-VINE
Distance

なんかいつにもましてアレなリストだなぁ…。

何度も同じことを書いてますけど、阿部和重シンセミア』程度の本をわざわざアマゾンで購入しなければならない野蛮な現状を呪いたい。せめてそれぐらいのものは入荷しておいてほしいよ…マニアックな本とか学術書とかじゃないんだから。ともあれ、週末の予定は決定。楽しみだー。

東浩紀関係は、なんか機を逸して読んでなかった(これも野蛮な現状のせい…売られてなかった…)のを、思いついて購入。とりあえず『自由を考える』を読んだ。「中央公論」で連載していて来年あたり本になるという「情報自由論」をまったく読んでないので「規律訓練型権力 / 環境管理型権力」という対比をこの本で見て、やっと問題の所在がつかめてきたなぁという気がしました。でも、どうなんですかね。絶望的な展望しか見えないのですが。あと、まぁ僕のふだんの生活における実感からいうと、動物化云々というよりも前近代的に野蛮な連中が跋扈してるという感じなので、東さんの本を読んでるとむしろ SF チックな感じで面白い。

そんなことはどうでもよくて、半野喜弘待望の新譜 “Lido” が美し過ぎてる! HIM の新譜はちと凡庸かなぁ。

ハロウィン

Google の トップ絵が可愛らしい(?)お化けとかぼちゃの絵になってたので「あー、今日はなんか知らんがなんかの日なんだろうなぁ」とぼんやり思ったのですが、あちこちのサイトを見てたらハロウィンがどーのとか書いてて「今日はハロウィンの日なんだなぁ、なるほど」とこれまたぼんやり思ったりして、今日という日が終わろうとするいましがた、今日がハロウィンの日だから Google のトップ絵がそういう絵になっているのだということに気付きまして、なんというか感心しまして、つまり激しくだめぽってるという感じでしたよ。

サタニック・ウェブデザイン概論

サタニック・ウェブデザイン概論 @ X51.ORG が面白い。真のサタニストで、かつサタニックなウェブサイトを運営するものが踏まえておかなければならない鉄則が述べられる。サタニックなサイトが持つべきスタイルについての話も面白いのですが、一番笑ったのが、あるべきコンテンツを指南する、以下に引用する箇所。

このセクションでは君独自の方法でサタニズムの何かしらに貢献しなければならない。私が推薦するのは、例えば悪魔の姿によって描かれた「UNDERCONSTRUCTION」の人文字などである。訪問者は君のその苦心に感動するだろう。努力したんだな、という結果さえ見えればつまるところ個性などどうでも良いのである。

[ サタニック・ウェブデザイン概論 @ X51.ORG より]

んでもって、サタニックなサイトはアクセシビリティとかユーザビリティとかそういうちんけなことに思い煩わされるべきではなく、そういう流れからか悪例として U-Site が挙げられています。原文には書いてないのに!

というか、これはまぁいわゆるそういう系のサイトを茶化すようなパロディ文書なんでしょうけど、ちょっとアレンジするといろいろとアレなヴァージョンができそうな気がするなぁ(「もし君が真のカススタイラで、かつカスイケなウェブサイトを運営しているとしたならば云々」とか)。

6 人の刺激的な若手論壇人

「気になる! 若手論壇人 – 6 人の刺激的な言論人」 ニュースな本棚 @ Excite エキサイト : デイリートピックスが面白い。その刺激的な言論人の人選やそれぞれについての紹介文が、というよりも、似顔絵が…。あまりにも似てないので、悪意なのか素で下手なだけなのか、意図を計りかねる。

まぁ内容については特にアレだったけど。

新スタ

御覧の通りの新スタです。細かい調整は後ほど。アレ過ぎて、死ねる。

web-channel に期待してます!

2ch – Web 制作板のスレッド(現在は「【企画サイト】Web Channel -Part.2【進行中】」)で既存の雑誌では物足りないので、 有志を募って記事でも書くか?という志を立てて始まった企画サイトであるらしい web-channel が、しばらくスレをチェックしてない間に正式にスタートしていたようです。大変に期待しつつも、できればテーブル・レイアウトは無しでいけばよかったのになぁ、とか思ったところ、「web-channel – About -> 制作にあたって」の説明を見る限り、既存の雑誌では物足りない的な、お仕事で Web 制作してる方のお立場としてはそういうもんなんだろうなぁと思った。しかし、「web-channel Tips/WebDesign : W3C原理主義者の鬱。」という文書の以下に引用する箇所を読んで、なんというかすみませんとも思った。

原理主義派というわけではないが、アンチ派でもない中途半端な位置にいる者が話に参加してくると話は混迷の度合いを増す。原理主義派の言い分を聞いて感化され、自分のサイトにはあまり必要のないことだけど、なんとなく格好よさそうだからとXHTMLっぽい中途半端な文書を書いてみたり、ちょっと知った気になってアンチ派を軽々しく馬鹿にするなど、確固たる意見がない割には後発の技術を使いたがる。こういった輩は原理主義を勘違いしているらしく、後発の技術をいち早くサイトに反映させ、したり顔で語るのが格好いいのだと思っているフシがあり、しかも付け焼き刃というか場当たり的にどんどん取り込んでいくので一体何を見せたいサイトなのか意味不明になりがちである。 強いて言うならば、「技術を羅列してみせるだけのサイト」といったところだろうか。

僕なんかまさに中途半端な位置にいる者の最たる者だもんなぁ。もっとまともなことができる / いえるよう、がんばらねばー。

ともあれ、web-channel に期待しまくりです!

負け組む

「このままの負け組人生でいいのだろうか…」と、最近わりと素で思ったりしてます。

なんかいろいろ証券化

無名アーティストを支援! 才能発掘へ著作権証券化 @ YOMIURI ON-LINE って、まぁ意味がよくわかんないんだけど、ともあれどうなのよ? なんか計画倒れに終わったりしそうなフンイキっつーかイキフン? つーかフィーリング? 満載なニュアンシングをほのかに感じたりしないわけではない気がするのですが。

「マトリックス リローデッド」他

マトリックス リローデッド
マトリックス リローデッド
グレン・グールド エクスタシス
  • 監督:ジョスリン・バルナベ
  • DVD
  • PAND-1175
  • 03/10/24
  • 4,800 円
  • アルバトロス・フィルム
LIVE at 日比谷野音 2003.05.05 – MAN DRIVE TRANCE SPECIAL –
  • ROVO
  • CD
  • WRD-5/6
  • 03/10/10
  • 3,200 円
  • ワンダーグラウンド・ミュージック
Organic Resonance
  • ワダダ・レオ・スミス + アンソニー・ブラグストン
  • CD
  • DIW-471
  • 03/07/15
  • 3,200 円
  • DIW
置き去りにされる人びと – すべての男は消耗品である。Vol.7
山ん中の獅見朋成雄
悪の読書術
論理パラドクス – 論証力を磨く 99 問
BLAME! (10)
050 月刊 奥菜恵 Special
松浦亜弥写真集 – 松浦亜弥 in Hello! Project 2003 夏
後藤真希写真集 – 後藤真希 in Hello! Project 2003 夏
現代詩手帖特集版 高橋源一郎
サイゾー 2003 年 11 月号
  • 雑誌
  • 02/11/01
  • 657 円
  • INFOBAHN

やっぱなんといっても「マトリックス リローデッド」。劇場で観て、「なんか中だるみだよなー」とか思ったのだけど、やはり買って再見。おもろ。単に、コンピタねとわく話が好きなので。

つかよ、「グレン・グールド エクスタス」の酷さったらないね! どうせ既出ばっかなんだろうけどそれでもグールドが演奏したりしゃべったりする映像が始まるとわくわくするのに、即座にかぶさるどうでもいいナレーションに識者解説乱れ打ち。おまけに稚拙過ぎる映像の切り張りぶり。観てる間中、殺意まくり。よっぽどのグールドヲタ(グールドものならなんでもチェックしなければならないという義務感を感じているひと)でもない限り、観るべきじゃないですよこれは。まぁここまで苛々させられるってのも珍しいので、それはそれで観てよかったとはいえるけど。

いろいろ書きたいことがあるけど、なんか疲れたのでここまで。その他については、後ほど。

音楽関連 3 題

エリオット・スミスが死去したとのこと。マジっすか…。ELLIOTT SMITH 1969-2003 @ NME.COM によると、自殺と見られるそうだ。なんというか、大変に悲しいことです。

話は打って変わって、どれを買う? ダフト・パンク & 松本零士コラボ作日本盤化!! @ CDJournal.comを読んで、つーか結局どれを買えばいいんだぁああぁ…と思い悩む。3 種類もあるなんて、むちゃくちゃ過ぎ。

ところで、切込隊長の秀逸まくりな CCCD 周辺の分析つながりなそれ関係話が充実している。

前 2 者の分析にうなりつつ、僕はタクヤさんの感情論に激しく同意するものです。CCCD について、そういう形でしか出せないアーティストを責めるのはアレで、悪いのはレコード会社だみたいな議論をよくみかけたけど、とても違和感があった。なにがどうあろうと、CCCD でリリースする時点でアーティストと CCCD によって不利益を被るリスナ(もちろん、被らないリスナもいると思うけど)の関係は断たれるわけだから、レコード会社がどうとかすでに関係ないのです。

© 2020 栗林健太郎

Theme by Anders NorénUp ↑