最近の植島啓司さんの本を全然読んでないのでアレなのですが、『男が女になる病気』『分裂病者のダンスパーティ』『恋愛のディスクール』といった 80 年代の諸作のわけのわからない面白さに感銘まくりつつ、『競馬の快楽』を座右の書としていた頃を思い出しましたので、集英社新書 WEB コラム – 植島啓司「愛・賭け・遊び」を、あとで読むよのメモいんぐ。こんなコラムを連載していたとは!