なんかあちこちからすごい数のアクセスがあったのでなんだろう? と思っていってみたら、村上春樹さんの自筆原稿が Yahoo! オークションに出品されているらしく(Yahoo! オークション – 村上春樹自筆原稿 『GHOST STORY』原稿用紙 1 枚 / スクリーンショット [JPG, 360KB])、出品者はこれは村上春樹氏と関係の深かった安原顕氏(評論家・編集者)の保管していたものが、安原氏がお亡くなりになってから市場に流れたものの1つですと述べているものの、2003-04-03 00:35 (Thu) の日記にて引用した“en-taxi No.01 SPRING 2003”所収の坪内祐三さんによる連載コラム “The Last Waltz vol.02” 「安原顕(編集者)」 – 「記録の鞭。」によればまぁいろいろあったらしいとのことで(再掲するのもどうかと思うので、詳しくは上にリンクした過去ログを参照されたい)、その辺の真相ということでリンクされていたようです。

この出品と上記坪内エッセイで語られている内容との関係についてはなんともいえませんが、ともあれ、原稿の扱いについてかなりと杜撰なやりくちでもって対している出版社もあるようで(参考リソース:ARTIFACT @ 2003/06/24 「まんだらけ漫画原稿流出事件」)、考えさせられるお話だと思いました。