MonthDecember 2003

2003 年もいつも通りでした

今年最後の読書は『早わかり 企業再生』(藤原総一郎・編、日本経済新聞社・刊)でした。たまたま積んである本を上から読んでいったらそうなった。他意はありません。なんかいかにもダメそうなタイトルだけど、企業再生の諸手法の流れを事例で説明してくれるので、大変わかりやすくて良い本だと思いました。法律的・経営的問題について具体的に踏み込んで書いてるわけではないので、その辺はまた別に学ぶ必要があるだろうけど。というか、なんでこんなもん読んでるのだろうか。本業には全く関係のない話なのですが…。

でもって、最後に聴く音楽は中島美嘉LOVE” になりそうな感じ。従姉妹が持ってきたのでエンコして聴いているところ。つか、CCCD じゃなかったのかしらん。まぁいいや。僕がお金を出したわけじゃないし。それにしても、これはいいね。音がきれいだなぁ。

ここ数日咳が止まらなくて昨夜は 3 時間ばかりしか眠れなかったので眠くて眠くてしかたがなくて、ぼーっとしながら障子の張り替えをしたり、CURVEBALL という Flash ゲームを延々やったり、やっぱりいつの間にか眠っていたり、どれがどれだかまったくわからないまま格闘技番組を観たり、まぁいつも通りの大晦日。

ともあれ、来年こそは浮ついたことばっかやってないでまっとうな人間になるべくがんばりたいなぁ。

2003 年 CD Best 10

買い物リストもまとめたし、さぁ Best 10 を! と勢い込んだはいいものの、眺め返してみて…やっぱ無理だ。10 枚も選ぶほど新譜を買ってないし。や、もちろん Best 5 とか 3 とかでもいいんだけど、そうなると結果がわかりきってて、面白くないしなぁ(自分にとって)。というか、Best 10 とか、ヤメよう! あーぁ。

…と思ったけど、一応まとめてみました。できるだけ新譜を選んだけど、一個だけ、あまりにも素晴らしかった再発ものを入れました。つか、外国のひとがやってる音楽の新譜をほとんど買ってないということがわかった。候補に挙がったものは、日本のある種の傾向の音楽か、昔の Jazz の再発ものばかり。偏り過ぎ。それにしても、当たり前なセレクトになってしまって面白くないなぁ。

以下、2003 年に購入した CD の中から、今日の気分で 10 枚選んだリストです。

Structure et force
1. Structure et force (DCPRG)
あらゆる意味で素晴らしい。これ以上ないというぐらいの音楽。今年も菊地成孔先生には泣かされたり笑わされたり踊らされたり狂わされたりと、感情を揺さぶられまくりました。初の著書である『スペインの宇宙食』も必読。
2. LOOPHOLE (SKETCH SHOW)
センス・技術ともに優れたひとたちが本気を出したらやっぱとんでもないものができちゃうんだなぁという一枚。驚いた、という意味では今年 No.1 かも(僕は元 YMO のひとたちのやる音楽があんまり好きではないので)。異常な完成度・美しさ。
3. What’s New (Bill Evans + Jeremy Steig)
再発もの。真にエモーショナルな Jazz!!! フリージャズとか好きでよく聴くけど、このいわゆるフリーとは全然異なる演奏における Jeremy Steig の激越を超えるものはそうそうないんじゃないかなぁ。Bill Evans はもちろんのこと Eddie Gomez, Marty Morell もすごくいい。
4. Vendôme, la sick Kaiseki (SPANK HAPPY)
あの素晴らし過ぎた “Computer House of Mode” から一年強、今回はぐっとダークで濃厚な感じになって、聴いてるこっちはますますトチ狂う。曲も岩澤瞳さんの声も次から次へとあふれ出てくる名セリフも、なにからなにまで素晴らしい。菊地さんにしか作れない世界。
5. Dear Catastrophe Waitress (Belle & Sebastian)
明るい! なんかすげー明るいよ!!! と驚きつつ、聴いてるうちにどんどん良い気分になった。完成度がすごく高い。気付くとついついなんども聴いているってな感じの素敵作。
6. Apres Un Reve (Roland Hanna Trio)
格好良くて優雅で美しくて退廃的ではかなくて、僕が Jazz に求めるある種の側面を思いっきり満たしまくっていて、感激した。
7. Miki 1 (藤本美貴)
堂々たる歌いっぷりに思わずひれ伏しちゃうってな、ミキティ最強伝説を確立。その後、モーニング娘。の活動ばっかりになってしまって、寂しいなぁ。もうソロでは歌わないのかしらん。
8. Ratty Jass (KILLING FLOOR)
KILLING FLOOR の 2nd アルバムはとにかく格好良過ぎる現代風のグルーヴまくりな Jazz で、こういうので踊り果てたいなぁと思います。
9. ゆらゆら帝国のしびれ (ゆらゆら帝国)
この狂いっぷり = 格好良さは尋常じゃない。げらげら笑いながら、身悶えしながら聴き耽った。この CD は「ゆらゆら帝国のめまい」との 2 枚同時リリースで、「めまい」も好きなんだけど、やっぱ狂った者勝ちという感じの「しびれ」で。11 月にはライブ盤「な・ま・し・び・れ・な・ま・め・ま・い」もリリースされました。
10. ONJQ + OE (OTOMO YOSHIHIDE’S NEW JAZZ QUINTET + TATSUYA OE)
オオエタツヤというひとに対して「キャプテン・ファンクとかいうひとでしょ? ダメっぽいね、名前が」なんてな偏見を持ってて聴いたことがなかったのですが、これは素晴らしいですね。DCPRG との仕事もよかった。

2003 年に購入した CD

CD はなぁ、どうなんだろう。もちろん「これは聴く価値があるはず! 買うべき!!!」と思ったものしか買わない(買えない)ので、自分的にはわりとよかったなぁ。あれこれ買っているようでいて、眺めてみるとある種の凝り固まった狭い趣味の範囲にとどまっている感じ。

番号 タイトル 作者 リリース日 価格 記載日
1 in Harverd Square Lee Konitz 2002/7/24 2,000 円 2003-01-02 12:38 (Thu)
2 Loose Fur Loose Fur 2002/12/25 2,300 円 2003-01-02 12:38 (Thu)
3 Largo Brad Mehldau 2002/8/21 2,400 円 2003-01-04 04:52 (Sat)
4 magnolia(sound track) Aimee Mann 2000/2/9 2,400 円 2003-01-05 00:45 (Sun)
5 Morvern(soundtracks) V.A. 2003/1/1 2,381 円 2003-01-08 23:56 (Wed)
6 PULPFICTION(soundtracks) V.A. 1994/9/28 300 円 2003-01-08 23:56 (Wed)
7 SONHOUSE TWIN PERFECT COLLECTION SONHOUSE 2001/12/19 500 円 2003-01-08 23:56 (Wed)
8 SOLO Cecil Taylor 2002/4/24 2,300 円 2003-01-09 22:52 (Thu)
9 The Sorcerer Gabol Szabo 1998/12/2 1,980 円 2003-01-12 23:55 (Sun)
10 KONITZ Lee Konitz 2001/12/21 2,000 円 2003-01-12 23:55 (Sun)
11 Yankee Hotel Foxtrot Wilco 2002/5/22 2,400 円 2003-01-14 21:35 (Tue)
12 MEDITATION AMONG US Milford Graves 1992/8/25 2,718 円 2003-01-14 21:35 (Tue)
13 Lonely Girl Julie London 2002/12/26 2,381 円 2003-01-15 22:37 (Wed)
14 HOMMAGE Andrew Hill 2002/9/25 1,429 円 2003-01-18 11:53 (Sat)
15 カメラ・トーク フリッパーズ・ギター 1993/9/1 2,548 円 2003-01-22 20:03 (Wed)
16 私生活 中谷美紀 1999/11/10 1,400 円 2003-01-26 16:28 (Sun)
17 LOVEBEAT 砂原良徳 2001/5/23 2,913 円 2003-01-26 16:28 (Sun)
18 Waltz For Debby Don Friedman 2003/1/22 2,700 円 2003-01-26 16:28 (Sun)
19 INDIETORONICA V.A. ??? 2,480 円 2003-01-27 21:44 (Mon)
20 :NANO/YOUTH: FLATIC 2003/1/25 2,180 円 2003-01-27 21:44 (Mon)
21 T・W・O 松浦亜弥 2003/1/29 2,913 円 2003-01-28 21:12 (Tue)
22 COLORS 宇多田ヒカル 2003/1/29 1,048 円 2003-01-28 23:56 (Tue)
23 synthesist Harald Grosskopf 発売日不詳 2,300 円 2003-02-02 03:26 (Sun)
24 マッキング Gold (1) 後藤真希 2003/2/5 2,300 円 2003-02-06 01:32 (Thu)
25 ブギートレイン ’03 藤本美貴 2003/2/5 1,200 円 2003-02-06 01:32 (Thu)
26 When It’s Dark And It’s Summer p:ano 2003/1/15 2,300 円 2003-02-06 01:32 (Thu)
27 NO IDEA Misha Mengelberg Trio 2003/2/12 2,800 円 2003-02-09 02:17 (Sun)
28 LOVE IS THE DEVIL 坂本龍一 1999/4/21 1,000 円 2003-02-16 00:05 (Sun)
29 DISCORD 坂本龍一 1999/4/21 1,000 円 2003-02-16 00:05 (Sun)
30 Cubic Yellow Luigi Archetti 1999/10/25 2,300 円 2003-02-16 00:05 (Sun)
31 Don’t Step On Tiny SHE NEVER BLINKS 1994 年 2,500 円 2003-02-21 23:59 (Fri)
32 Reason Ep A1 People 2003/2/17 1,231 円 2003-02-21 23:59 (Fri)
33 Influenced By Intensity V.A. 2003/1/25 2,095 円 2003-02-23 22:11 (Sun)
34 Miki 1 藤本美貴 2003/2/26 2,913 円 2003-02-25 23:04 (Tue)
35 Trapeziste カヒミ・カリィ 2003/2/21 2,900 円 2003-02-25 23:04 (Tue)
36 ゆらゆら帝国のしびれ ゆらゆら帝国 2003/2/26 2,800 円 2003-03-01 23:10 (Sat)
37 ゆらゆら帝国のめまい ゆらゆら帝国 2003/2/26 2,800 円 2003-03-01 23:10 (Sat)
38 Simple Chaos Stereo CICADA 2003/3/5 2,500 円 2003-03-04 23:26 (Tue)
39 ミュージカル「草原の人」オリジナルキャスト盤 松浦亜弥 2003/3/5 2,200 円 2003-03-05 23:19 (Wed)
40 200KM/H IN THE WRONG LANE t.A.T.u. 2003/3/5 1,980 円 2003-03-09 00:29 (Sun)
41 ね?え? 松浦亜弥 2003/3/12 1,200 円 2003-03-13 23:31 (Thu)
42 Live At Montreux Sun Ra 2003/3/10 2,980 円 2003-03-14 23:57 (Fri)
43 Nuclear War Sun Ra 2003/3/10 2,200 円 2003-03-14 23:57 (Fri)
44 Music From Tomorrow’s World Sun Ra 2003/3/10 2,200 円 2003-03-14 23:57 (Fri)
45 Sun Song Sun Ra 2003/3/10 2,200 円 2003-03-14 23:57 (Fri)
46 Sound Of Joy Sun Ra 2003/3/10 2,200 円 2003-03-14 23:57 (Fri)
47 26 Mixes for Cash Aphex Twin 2003/3/19 2,800 円 2003-03-18 23:09 (Tue)
48 ブエノスアイレスのマリア(全曲)? 2 部構成のオペリータ Astor Piazzolla 2000/12/16 3,700 円 2003-03-18 23:09 (Tue)
49 うわさの SEXY GUY 後藤真希 2003/3/19 1,200 円 2003-03-22 01:25 (Sat)
50 Ratty Jass KILLING FLOOR 2003/3/20 2,000 円 2003-03-22 01:25 (Sat)
51 Apres Un Reve Roland Hanna 2003/2/26 2,667 円 2003-03-22 01:25 (Sat)
52 Us Peter Gabriel 1992/9/23 500 円 2003-03-22 01:25 (Sat)
53 Sweet Soul Ep キリンジ 2003/3/26 1,905 円 2003-03-26 23:27 (Wed)
54 Left Alone Eric Dolphy 2003/3/26 2,381 円 2003-03-30 09:14 (Sun)
55 Cosmos Sun Ra 2003/3/10 2,200 円 2003-03-30 09:14 (Sun)
56 neue musik:YUMI MATSUTOYA COMPLETE BEST VOL.1 松任谷由実 1998/11/6 700 円 2003-03-30 23:26 (Sun)
57 I could be free 原田知世 1997/2/21 240 円 2003-03-30 23:26 (Sun)
58 the brilliant green the brilliant green 1998/9/19 480 円 2003-03-30 23:26 (Sun)
59 LosAngeles the brilliant green 2001/1/1 480 円 2003-03-30 23:26 (Sun)
60 First Love 宇多田ヒカル 1999/3/10 480 円 2003-03-30 23:26 (Sun)
61 The New Millenium Holger Czukay + U-SHE 2003/3/24 2,000 円 2003-04-05 21:29 (Sat)
62 About The Blues Julie London 2003/3/26 2,381 円 2003-04-10 00:38 (Thu)
63 Long Gone Before Daylight The cardigans 2003/3/19 2,427 円 2003-04-10 00:38 (Thu)
64 Last Recording 阿部薫 2003/3/25 1,500 円 2003-04-14 23:41 (Mon)
65 Come And Play In Our Backyard 青木孝允 / 小栗栖憲英 / 高木正勝 2003/4/10 2,000 円 2003-04-14 23:41 (Mon)
66 LIVE AT MOERS FESTIVAL ’80 高柳昌行 発売日不詳 1,800 円 2003-04-20 21:34 (Sun)
67 銀巴里セッション 高柳昌行・新世紀音楽研究所 発売日不詳 1,800 円 2003-04-20 21:34 (Sun)
68 東京ミッドナイト ロンリネス ソニン 2003/4/16 1,100 円 2003-04-20 21:34 (Sun)
69 What’s New Bill Evans with Jeremy Steig 2003/4/23 1,900 円 2003-04-22 23:02 (Tue)
70 ONJQ + OE OTOMO YOSHIHIDE’S NEW JAZZ QUINTET + TATSUYA OE 2003/4/25 2,800 円 2003-04-26 23:06 (Sat)
71 Lennie Tristano Lennie Tristano 1998/7/21 2,000 円 2003-04-26 23:06 (Sat)
72 Telegraphs In Negative / Mouths Trapped In Static set fire to flames 2003/4/25 2,800 円 2003-04-29 22:14 (Tue)
73 VOGUE AFRICA 東京ザヴィヌルバッハ 2003/3/21 2,190 円 2003-04-29 22:14 (Tue)
74 avant-garde EXIAS-J 2003/4/25 2,300 円 2003-04-29 22:14 (Tue)
75 オサヴリオ ?愛は待ってくれない? 飯田圭織 2003/4/23 2,667 円 2003-05-04 01:27 (Sun)
76 A Calm in the Fire of Dances DEEP RUMBA 2000/10/30 2,000 円 2003-05-13 22:36 (Tue)
77 ソニン 2000/5/14 2,800 円 2003-05-18 01:11 (Sun)
78 The Gypsey Valentine Curve Dilute 2003/4/10 2,100 円 2003-05-18 01:11 (Sun)
79 Black Saint & The Sinner Lady Charles Mingus 2003/5/21 1,900 円 2003-05-20 23:03 (Tue)
80 LIVE BOOTLEG! KILLING FLOOR 1999/8/1 2,000 円 2003-05-25 23:17 (Sun)
81 American Clave Anthology V.A, 1998/6/21 3,810 円 2003-05-29 22:55 (Thu)
82 GOOD BYE 夏男 松浦亜弥 2003/6/4 1,200 円 2003-06-04 23:33 (Wed)
83 le 12 mars 1977 a` Tachikawa 裸のラリーズ 不明 3,600 円 2003-06-08 23:14 (Sun)
84 Soul Food Taqueria Tommy Guerrero 2003/6/10 2,427 円 2003-06-11 23:27 (Wed)
85 Many In High Places Are Not Well him 2003/6/10 2,300 円 2003-06-11 23:27 (Wed)
86 Point Of Departure Andrew Hill 2003/1/22 2,381 円 2003-06-15 22:16 (Sun)
87 スクランブル 後藤真希 2003/6/18 1,200 円 2003-06-17 22:14 (Tue)
88 深呼吸 Polaris 2003/6/4 500 円 2003-06-17 22:14 (Tue)
89 SOUL DISCHARGE 99′ BOREDOMS 1994/4/25 980 円 2003-06-21 20:04 (Sat)
90 Tommy february6 [初回盤] Tommy february6 2002/2/6 2,480 円 2003-06-21 20:04 (Sat)
91 瞬間と永遠 曽我部恵一 2003/6/25 2,913 円 2003-06-24 23:02 (Tue)
92 Musical From Chaos DCPRG 2003/6/25 3,000 円 2003-06-24 23:02 (Tue)
93 CM2 コーネリアス 2003/6/25 2,400 円 2003-06-30 22:14 (Mon)
94 SCHOOL OF HIGH SENSE Losalios 2002/10/26 2,000 円 2003-07-14 23:10 (Mon)
95 ラヴェル「マ・メール・ロワ」 指揮:ピエール・ブーレーズ 1994/5/16 780 円 2003-07-14 23:10 (Mon)
96 世界地図は血の跡 Losalios 1999/11/10 2,913 円 2003-07-20 17:25 (Sun)
97 アヴァンギャルド ジョン・コルトレーン & ドン・チェリー 2000/10/25 2,400 円 2003-07-20 17:25 (Sun)
98 サントラ「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール ブラッド・メルドー 2003/4/23 2,400 円 2003-07-20 17:25 (Sun)
99 Wait till I can dream Tommy heavenly6 2003/7/16 1,665 円 2003-07-20 17:25 (Sun)
100 クラムボン・ベスト クラムボン 2003/7/24 3,200 円 2003-07-23 23:14 (Wed)
101 Europe 2002 Jackie-O Motherfucker 2003/8/5 2,800 円 2003-07-23 23:14 (Wed)
102 PM CORNELIUS 2003/7/23 2,100 円 2003-07-28 23:45 (Mon)
103 浮気なハニーパイ カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。) 2003/7/24 1,000 円 2003-07-28 23:45 (Mon)
104 44982 VS 1650 JUDY AND MARY 1999/3/31 2,980 円 2003-08-08 23:31 (Fri)
105 我は聖代の狂生ぞ 浦邊雅祥 2003/7/25 2,300 円 2003-08-08 23:31 (Fri)
106 レア・ライブ マイルス・デイヴィススタン・ゲッツ 2003/3/26 2,381 円 2003-08-17 23:46 (Sun)
107 Buck Jam Tonic Buck Jam Tonic 2003/7/23 2,800 円 2003-08-27 23:40 (Wed)
108 ライヴ・イン・アンカラ ドン・チェリー 2003/8/27 2,190 円 2003-08-27 23:40 (Wed)
109 ミュージック・イズ・ザ・ヒーリング・フォース・オブ・ザ・ユニヴァース アルバート・アイラー 2003/8/27 2,190 円 2003-08-27 23:40 (Wed)
110 抱いてよ! PLEASE GO ON 後藤真希 2003/8/27 1,200 円 2003-08-27 23:40 (Wed)
111 The end of the beauty LOSALIOS 2003/9/3 2,800 円 2003-09-07 02:01 (Sun)
112 Tour De France Kraftwerk 2003/9/10 2,427 円 2003-09-10 21:00 (Wed)
113 Space Is The Place Sun Ra 2002/8/27 2,190 円 2003-09-10 21:00 (Wed)
114 Structure et force DCPRG 2003/9/25 3,000 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
115 audio sponge 1 V.A. 2002/9/25 2,718 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
116 For Beautiful Human Life キリンジ 2003/9/26 3,000 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
117 THE WINTER ALBUM the brilliant green 2002/12/4 1,090 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
118 Sweet revenge 坂本龍一 1994/6/17 1,180 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
119 THE LAST NIGHT 松浦亜弥 2003/9/26 1,500 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
120 ヤァ! カタストロフィ・ウェイトレス ベル・アンド・セバスチャン 2003/9/29 2,427 円 2003-09-29 01:51 (Mon)
121 合コン後のファミレスにて ソニン 2003/10/8 1,100 円 2003-10-13 23:05 (Mon)
122 the music ensemble in concert the music ensemble 2002 年 1,400 円 2003-10-13 23:05 (Mon)
123 LIVE at 日比谷野音 2003.05.05 – MAN DRIVE TRANCE SPECIAL – ROVO 2003/10/10 3,200 円 2003-10-24 01:10 (Fri)
124 Organic Resonance ワダダ・レオ・スミス + アンソニー・ブラグストン 2003/7/15 3,200 円 2003-10-24 01:10 (Fri)
125 Lido 半野喜弘 2003/10/22 2,913 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
126 Lila HIM 2003/10/10 1,800 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
127 Distance 宇多田ヒカル 2001/3/28 1,180 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
128 ヒープ モーソフ 2003/10/18 2,500 円 2003-11-14 22:24 (Fri)
129 Tails Out ONJQ 2003/11/25 2,500 円 2003-11-24 02:03 (Mon)
130 Turntables And Computers 大友良英 + 竹村延和 2003/11/6 2,300 円 2003-11-24 02:03 (Mon)
131 な・ま・し・び・れ・な・ま・め・ま・い ゆらゆら帝国 2003/11/26 1,000 円 2003-11-30 00:04 (Sun)
132 DAFT CLUB ダフト・パンク 2003/11/27 2,548 円 2003-11-30 00:04 (Sun)
133 Vendôme, la sick Kaiseki SPANK HAPPY 2003/12/3 2,857 円 2003-12-03 00:24 (Wed)
134 AGATHA COMBO PIANO 2003/10/29 2,857 円 2003-12-03 00:24 (Wed)
135 原色 GAL 派手に行くべ! 後藤真希 2003/11/27 1,200 円 2003-12-03 00:24 (Wed)
136 Very Cool Lee Konitz 2003/11/21 1,900 円 2003-12-11 22:44 (Thu)
137 SOUP 大友良英 + Bill Laswell + 芳垣安洋 2003/12/10 2,800 円 2003-12-11 22:44 (Thu)
138 Live at the Watts Jazz Festival Volume 1 V.A. 年月日不詳 1,500 円 2003-12-11 22:44 (Thu)
139 LOOPHOLE SKETCH SHOW 2003/11/27 2,913 円 2003-12-15 22:49 (Mon)
140 audio sponge SKETCH SHOW 2002/9/19 2,913 円 2003-12-15 22:49 (Mon)
141 tronika SKETCH SHOW 2003/2/26 1,500 円 2003-12-15 22:49 (Mon)
142 10 Minutes Older – SONIC abstractures, based on the motion picture “10 Minutes Older” 菊地成孔 / COMBO PIANO 2003/12/13 2,381 円 2003-12-15 22:49 (Mon)
143 刹那 小沢健二 2003/12/27 2,800 円 2003-12-28 17:21 (Sun)
144 ×3 松浦亜弥 2004/1/1 2,913 円 2003-12-28 17:21 (Sun)
145 愚民の戀 JOYTOY 2003/12/25 3,700 円 2003-12-28 17:21 (Sun)

2003 年に購入した DVD

2003 年を振り返るシリーズ第 2 弾! とかいって威勢よく行きたいところなのですが、ほとんどが松浦亜弥藤本美貴後藤真希関係なのがアレですね…。

番号 タイトル 作者 リリース日 価格 記載日
1 亜弥の DNA 松浦亜弥 2003/1/16 3,000 円 2003-01-15 22:37 (Wed)
2 シングル V : ブギートレイン ’03 藤本美貴 2003/2/5 1,200 円 2003-02-06 01:32 (Thu)
3 Yeah! めっちゃライブ at 中野サンプラザ 松浦亜弥 2003/2/19 3,800 円 2003-02-21 23:59 (Fri)
4 アロハロ! 松浦亜弥 DVD 松浦亜弥 2003/2/26 3,800 円 2003-02-25 23:04 (Tue)
5 氣志團現象完全版- 2000 – 2002 氣志團 2003/3/5 3,714 円 2003-03-05 23:19 (Wed)
6 シングル V「ね?え?」 松浦亜弥 2003/3/12 1,200 円 2003-03-13 23:31 (Thu)
7 うわさの SEXY GUY – シングル V 後藤真希 2003/3/19 1,200 円 2003-03-22 01:25 (Sat)
8 COLORS 宇多田ヒカル 2003/3/12 1,429 円 2003-03-22 01:25 (Sat)
9 20 代はイケイケ! 宇多田ヒカル 2003/3/29 1,429 円 2003-03-28 23:22 (Fri)
10 アロハロ! 藤本美貴 藤本美貴 2003/4/23 3,800 円 2003-04-22 23:02 (Tue)
11 Visual YMO – The Best YMO 2003/1/22 4,700 円 2003-04-22 23:02 (Tue)
12 南風 South Wind 藤本綾 2003/3/21 3,800 円 2003-05-02 23:47 (Fri)
13 ことミック大辞典・上 あやみき 2003/5/2 3,000 円 2003-05-04 01:27 (Sun)
14 ことミック大辞典・下 あやみき 2003/5/2 3,000 円 2003-05-04 01:27 (Sun)
15 ミュージカル 草原の人 松浦亜弥・主演 2003/5/21 3,800 円 2003-05-20 23:03 (Tue)
16 GOOD BYE 夏男 [シングル V] 松浦亜弥 2003/6/4 1,200 円 2003-06-04 23:33 (Wed)
17 ANIMATRIX 2000/6/3 2,980 円 2003-06-15 22:16 (Sun)
18 MATRIX The Wachowski Brothers 2003/1/22 2,500 円 2003-06-15 22:16 (Sun)
19 藤本美貴 FIRST LIVE TOUR 2003 SPRING ?MIKI(1)? 藤本美貴 2000/6/18 3,800 円 2003-06-17 22:14 (Tue)
20 スクランブル シングル V 後藤真希 2003/6/18 1,500 円 2003-06-17 22:14 (Tue)
21 ストレート・ノー・チェイサー セロニアス・モンク 2003/6/20 1,500 円 2003-06-21 20:04 (Sat)
22 レッド・ツェッペリン DVD レッド・ツェッペリン 2003/6/11 7,000 円 2003-06-30 22:14 (Mon)
23 燃えろ! マナー部 vol.1 あやみき 2003/7/2 3,000 円 2003-07-02 22:18 (Wed)
24 燃えろ! マナー部 vol.2 あやみき 2003/7/2 3,000 円 2003-07-02 22:18 (Wed)
25 D・A・F・T A Story Dogs, Andoroids, Firemen, and Tomatoes DAFT PUNK 2001/5/23 2,980 円 2003-07-14 23:10 (Mon)
26 後藤真希ファーストコンサートツアー 2003 春 ?ゴー! マッキング GOLD? 後藤真希 2003/7/24 3,800 円 2003-07-23 23:14 (Wed)
27 FIVE POINT ONE CORNELIUS 2003/7/23 4,571 円 2003-07-28 23:45 (Mon)
28 マグノリア 監督:ポール・トーマス・アンダーソン 2001/2/7 980 円 2003-08-03 20:37 (Sun)
29 スリーピー・ホロウ 監督:ティム・バートン 2000/9/20 980 円 2003-08-03 20:37 (Sun)
30 シングル V「抱いてよ! PLEASE GO ON 」 後藤真希 2003/8/27 1,500 円 2003-08-27 23:40 (Wed)
31 シングル V 「THE LAST NIGHT」 松浦亜弥 2003/9/26 1,500 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
32 松浦亜弥 コンサートツアー 2003 春 松リング PINK 松浦亜弥 2003/9/18 3,800 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
33 マトリックス リローデッド 監督:ウォシャウスキー兄弟 2003/10/17 2,980 円 2003-10-24 01:10 (Fri)
34 グレン・グールド エクスタシス 監督:ジョスリン・バルナベ 2003/10/24 4,800 円 2003-10-24 01:10 (Fri)
35 後藤真希 シングル V クリップス (1) 後藤真希 2003/12/10 3,800 円 2003-12-11 22:44 (Thu)

2003 年に購入した書籍

2003 年を振り返るシリーズ第 1 弾! とかいって威勢よく行きたいところなのですが、以下に示す通りのお買い物記録を今回改めて眺めるに、なんつーか恐ろしく貧困な状況を呈していて、悲しくなるばかり。1 年で 90 冊という冊数の少なさもさることながら(学生時代なら 2 ヶ月ぐらいでそれぐらい買ってた)、内容も貧相で、この先どんどん非文化的な人間に堕していくのかと思うと…。

番号 タイトル 作者 リリース日 価格 記載日
1 葬儀 Jean Genet・著、生田耕作・訳 2003/2/20 1,100 円 2003-02-09 02:17 (Sun)
2 オタクの迷い道 岡田斗司夫 2003/3/2 590 円 2003-02-11 21:41 (Tue)
3 たかがバロウズ本。 山形浩生 2003/2/25 2,800 円 2003-02-27 00:11 (Thu)
4 趣都の誕生 – 萌える都市アキハバラ 森川嘉一郎 2003/2/27 1,500 円 2003-03-09 00:29 (Sun)
5 萌え萌えうにっくす! UNIX ネットワーク管理ガイド プロジェクトタイムマシン 2003/3/31 2,400 円 2003-04-05 21:29 (Sat)
6 会社はこれからどうなるのか 岩井克人 2003/2/23 1,600 円 2003-04-05 21:29 (Sat)
7 ユダヤ・エリート 鈴木輝二 2003/3/25 760 円 2003-04-05 21:29 (Sat)
8 キャラクター小説の作り方 大塚英志 2003/2/20 760 円 2003-04-05 21:29 (Sat)
9 一九七二 – 「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」 坪内祐三 2003/4/25 1,800 円 2003-04-27 21:10 (Sun)
10 エーガ界に捧ぐ 中原昌也 2003/4/30 1,429 円 2003-05-02 23:47 (Fri)
11 待つこと、忘れること? 金井美恵子 2002/10/25 1,600 円 2003-05-02 23:47 (Fri)
12 眼球譚 [初稿] オーシュ卿(ジョルジュ・バタイユ 2003/5/20 600 円 2003-05-09 23:24 (Fri)
13 ボロボロになった人へ リリー・フランキー 2003/4/25 1,400 円 2003-05-18 01:11 (Sun)
14 瞬きもせずに 綾小路翔 2000/5/31 1,500 円 2003-05-20 23:03 (Tue)
15 ヤスケンの海 村松友視 2003/5/25 1,600 円 2003-05-29 22:55 (Thu)
16 九十九十九 舞城王太郎 2003/4/5 1,500 円 2003-06-04 23:33 (Wed)
17 暗黒のシステムインテグレーション – コンピュータ文化の夜明けのために – 森正久 2003/1/1 1,500 円 2003-06-04 23:33 (Wed)
18 改訂版 標準 XML 完全解説(下) 中山幹敏 / 奥井康弘・編著 2001/10/27 2,980 円 2003-06-11 23:27 (Wed)
19 煙か土か食い物 舞城王太郎 2001/3/5 1,000 円 2003-06-26 23:01 (Thu)
20 暗闇の中で子供?The Childish Darkness 舞城王太郎 2001/9/5 1,200 円 2003-06-26 23:01 (Thu)
21 世界は密室でできている。 舞城王太郎 2002/4/5 760 円 2003-06-26 23:01 (Thu)
22 フリッカー式?鏡公彦にうってつけの殺人 佐藤友哉 2001/7/5 880 円 2003-06-26 23:01 (Thu)
23 水没ピアノ?鏡創士がひきもどす犯罪 佐藤友哉 2002/3/5 1,000 円 2003-06-26 23:01 (Thu)
24 だから WinMX はやめられない 津田大介・編著 2003/7/21 1,580 円 2003-07-11 23:52 (Fri)
25 見えない都市 イタロ・カルヴィーノ・著、米川良夫・訳 2003/7/20 850 円 2003-07-11 23:52 (Fri)
26 西瓜糖の日々 リチャード・ブローティガン・著、藤本和子・訳 2003/7/20 760 円 2003-07-11 23:52 (Fri)
27 しあわせの理由 グレッグ・イーガン・著、山岸真・編訳 2003/7/31 820 円 2003-07-23 23:14 (Wed)
28 二葉亭四迷の明治四十一年 関川夏央 2003/7/10 590 円 2003-07-23 23:14 (Wed)
29 あややになりたい! 松浦亜弥 2003/7/26 1,500 円 2003-08-03 20:37 (Sun)
30 インドぢる ねこぢるy 2003/7/30 1,450 円 2003-08-08 23:31 (Fri)
31 氣志團現象 – RADIO・GIGS 綾小路“セロニアス”翔のオールナイトニッポン伝説! 氣志團 綾小路“セロニアス”翔のオールナイトニッポン・編著 2003/8/10 1,333 円 2003-08-11 22:59 (Mon)
32 裸のランチ ウィリアム・バロウズ・著、鮎川信夫・訳 2003/8/20 1,000 円 2003-08-11 22:59 (Mon)
33 色川武大阿佐田哲也エッセイズ (1) 放浪 色川武大 / 阿佐田哲也 2003/6/10 780 円 2003-08-17 23:46 (Sun)
34 色川武大阿佐田哲也エッセイズ (2) 芸能 色川武大 / 阿佐田哲也 2003/7/9 780 円 2003-08-17 23:46 (Sun)
35 パサージュ論 第 1 巻 ヴァルター・ベンヤミン著、今村仁司三島憲一他訳 2003/6/13 1,400 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
36 パサージュ論 第 2 巻 ヴァルター・ベンヤミン著、今村仁司三島憲一他訳 2003/7/16 1,400 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
37 パサージュ論 第 3 巻 ヴァルター・ベンヤミン著、今村仁司三島憲一他訳 2003/8/19 1,400 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
38 ガリマールの家 ある物語風のクロニクル 井上究一郎 2003/6/10 1,200 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
39 網状言論 F 改 東浩紀・編著 2003/1/25 1,400 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
40 俗ニ生キ俗ニ死スベシ 俗生歳時記 福田和也 2003/4/25 1,800 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
41 牢屋でやせるダイエット 中島らも 2003/8/1 1,300 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
42 熊の場所 舞城王太郎 2002/10/15 1,600 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
43 阿修羅ガール 舞城王太郎 2003/1/30 1,400 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
44 カンバセイション・ピース 保坂和志 2003/7/30 1,800 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
45 e/m ブックス (2) ジャン=リュック・ゴダール [増補改訂新版] 細川晋・監修 2001/10/7 2,000 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
46 e/m ブックス (10) サム・ペキンパー 遠山純生・編 2001/9/3 2,000 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
47 フリーソフトウェアと自由な社会 Richard M. Stallman エッセイ集 リチャード・M・ストールマン 2003/5/11 3,200 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
48 文字コード超研究 深沢千尋 2003/8/2 2,980 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
49 Eclipse 導入ガイド [改訂版] 宮本信二・飯田伸一・青木佑・著 2003/8/8 2,600 円 2003-08-23 23:10 (Sat)
50 サブカルチャー反戦論 大塚英志 2003/8/25 514 円 2003-08-27 23:40 (Wed)
51 PostgreSQL 全機能リファレンス 鈴木啓修 2003/8/26 2,980 円 2003-09-07 02:01 (Sun)
52 柔かい月 イタロ・カルヴィーノ・著、脇功・訳 2003/9/20 850 円 2003-09-10 21:00 (Wed)
53 ペンローズの量子脳理論 – 21 世紀を動かす心とコンピュータのサイエンス ロジャー・ペンローズ・著、竹内薫 + 茂木健一郎・訳 1997/5/31 2,200 円 2003-09-10 21:00 (Wed)
54 安野モヨコ対談集 ロンパースルーム 安野モヨコ 2003/8/28 1,300 円 2003-09-10 21:00 (Wed)
55 人に言えない習慣、罪深い愉しみ – 読書中毒者の懺悔 高橋源一郎 2003/9/30 660 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
56 遊学 I 松岡正剛 2003/9/25 1,000 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
57 遊学 II 松岡正剛 2003/9/25 1,000 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
58 あなたの人生の物語 テッド・チャン 2003/9/30 940 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
59 KAWADE 夢ムック 文藝別冊 new 2003/9/30 743 円 2003-09-25 23:03 (Thu)
60 ららら科學の子 矢作俊彦 2003/9/30 1,800 円 2003-09-29 01:51 (Mon)
61 日本語の外へ 片岡義男 2002/9/25 1,000 円 2003-09-29 01:51 (Mon)
62 スペインの宇宙食 菊地成孔 2003/10/20 1,700 円 2003-10-03 00:18 (Fri)
63 心理学化する社会 斎藤環 2002/10/16 1,400 円 2003-10-03 00:18 (Fri)
64 アホでマヌケなプログラミング Lepton 2003/10/2 1,680 円 2003-10-09 21:40 (Thu)
65 ハッカーを追え! ブルース・スターリング・著、今岡清・訳 2002/10/16 1,380 円 2003-10-09 21:40 (Thu)
66 詳解 JavaScript 辞典 半場方人 2002/7/20 2,500 円 2003-10-09 21:40 (Thu)
67 ピエールの司法修習ロワイヤル 石本伸晃 2003/9/11 1,800 円 2003-10-13 23:05 (Mon)
68 置き去りにされる人びと – すべての男は消耗品である。Vol.7 村上龍 2003/6/10 1,350 円 2003-10-24 01:10 (Fri)
69 山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎 2003/9/25 1,500 円 2003-10-24 01:10 (Fri)
70 悪の読書術 福田和也 2003/10/20 700 円 2003-10-24 01:10 (Fri)
71 論理パラドクス – 論証力を磨く 99 問 三浦俊彦 2002/10/25 1,500 円 2003-10-24 01:10 (Fri)
72 シンセミア(上) 阿部和重 2003/10/17 1,700 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
73 シンセミア(下) 阿部和重 2003/10/17 1,700 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
74 書きあぐねている人のための小説入門 保坂和志 2003/10/30 1,400 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
75 自由を考える – 9・11 以降の現代思想 東浩紀 + 大澤真幸 2003/4/30 1,020 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
76 動物化する世界の中で – 全共闘以降の日本、ポストモダン以降の批評 東浩紀 + 笠井潔 2003/4/22 660 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
77 ダイヤモンド・エイジ ニール・スティーヴンスン・著、日暮雅通・訳 2001/12/31 3,000 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
78 エクスプローリング・ザ・マトリックス カレン・ヘイバー・編、 大島豊・訳 2003/10/18 1,800 円 2003-10-31 23:25 (Fri)
79 花とみつばち Memorial モテバイブル 安野モヨコ・監修 2003/11/6 514 円 2003-11-14 22:24 (Fri)
80 萌える英単語 もえたん 2003/11/22 1,143 円 2003-11-30 00:04 (Sun)
81 法科大学院 – 弁護士が増える、社会が変わる 村上政博 2003/11/25 720 円 2003-11-30 00:04 (Sun)
82 史上最強 科学のムダ知識 平林純 2004/1/25 1,380 円 2003-12-25 21:26 (Thu)
83 それでもヒトは人体を改変する – 遺伝子工学の最前線から グレゴリー・ストック・著、垂水雄二・訳 2003/12/31 2,200 円 2003-12-25 21:26 (Thu)
84 ザ・ゲノム・ビジネス – DNA を金に変えた男たち ジェイムズ・シュリーヴ・著、古川奈々子・訳 2004/1/5 2,500 円 2003-12-25 21:26 (Thu)
85 自由はどこまで可能か – リバタリアニズム入門 森村進 2001/2/20 660 円 2003-12-25 21:26 (Thu)
86 エコノミスト・ミシュラン 田中秀臣 + 野口旭 + 若田部昌澄・編著 2003/11/7 1,480 円 2003-12-25 21:26 (Thu)
87 早わかり 企業再生 藤原総一郎・編 2003/11/20 1,400 円 2003-12-25 21:26 (Thu)
88 ひきこもり文化論 斎藤環 2003/12/25 1,600 円 2003-12-28 17:21 (Sun)
89 DNA J・D・ワトソン・著、青木薫・訳 2003/12/18 2,400 円 2003-12-28 17:21 (Sun)
90 知的財産権の知識 寒河江孝允 2003/12/12 860 円 2003-12-28 17:21 (Sun)

小沢健二「刹那」他

刹那
刹那
×3
愚民の戀
ひきこもり文化論
DNA
知的財産権の知識

「刹那」はなぁ…。やっぱこの曲数は少な過ぎる…。そりゃ当然、一曲ごとに感極まるのだけど。まぁ本人の選曲であるとなればしかたがないけど、ねぇ…。

松浦亜弥さんはほんと極まり果ててるね。貫禄。どんな役でも完璧にこなせますよ余裕で! という勢い。つーか、収録曲の曲調が多彩過ぎてアルバムの作りとしてアンバランスなのだけど、そんなことはどうでもいいや。素晴らしい。

つーか JOYTOY の「愚民の戀」は、菊地成孔さんが激賞していたのを読んだ瞬間 amazon で予約・購入したのですが、商品紹介ページには書いてなかったのに、到着してみたら CCCD だったよ…。インリンが CCCD って…。あり得ねぇ。いつかそんなこと(知らずに CCCD を購入してしまうこと)があるだろうなぁとは思っていたものの、それがインリンさんの CD だとは…。まぁ iTunes で普通にリッピングできたので、いいか…って、よくねぇよ!!! 放流しまくってやる!!!

つーか、最近 DNA がどうのとかいう本を 2 冊立て続けに購入したのですが、また書店に本家本元・DNA の 2 重螺旋構造の発見者である J・D・ワトソンさんの『DNA』なる本があったので、買わないわけにはいかなくなって購入した。つーか、帯を見てなんで出版ラッシュなのか? という疑問が氷解。二重らせん発見から 50 年 / 生命の謎がいま明かされる! というわけで、50 周年記念で出版ラッシュだったのね。

平林純『史上最強 科学のムダ知識』他

史上最強 科学のムダ知識
史上最強 科学のムダ知識
それでもヒトは人体を改変する – 遺伝子工学の最前線から
ザ・ゲノム・ビジネス – DNA を金に変えた男たち
  • ジェイムズ・シュリーヴ・著、古川奈々子・訳
  • 書籍
  • ISBN:4047914649
  • 04/01/05
  • 2,500 円
  • 角川書店
自由はどこまで可能か – リバタリアニズム入門
エコノミスト・ミシュラン
早わかり 企業再生
学園恋愛者! (2)
学園恋愛者! (3)
WEB + DB PRESS Vol.18 2004
サイゾー january 2004
  • 特集:常識を逆手に取れ 裏ワザ 101
  • 雑誌
  • 雑誌:04111-1
  • 04/01/01
  • 657 円
  • インフォバーン

いつものごとく新刊チェック(といっても、新刊なんてほとんど入らないのだが!)してたら hirax.net平林純さん・著『史上最強 科学のムダ知識』が入荷されていたので購入。なんつーか、平林さんの本だと知らなければ気にとめないだろうなぁという感じのタイトルがアレなのですが(や、単に僕がヘソ曲がりなだけですが…)、ともあれ再読も含め、読み耽っている次第。

んでもってビジネス書の新刊に『それでもヒトは人体を改変する – 遺伝子工学の最前線から』『ザ・ゲノム・ビジネス – DNA を金に変えた男たち』という似たような話題を扱ってるんだろうなぁという本があり、先日の奥菜恵結婚問題以来、お金持ちになる方途を求め日夜考えを巡らせているところであったので、まずは成功者 = 勝ち組に学ぶべきだろうと考え、購入。つか、DNA ってがなんなのかとかそういうところからよくわかってないのですが。ともあれ、前者の帯文に遺伝子テクノロジー推進派の第一人者が、反対派も知らないではすまされない驚くべき現状と今後の見通しをつぶさに描くとあるのに大興奮! 「科学の暴走に警鐘を鳴らす!」とかそういうのよりもむしろ、どこまで行けるのか見せてくれるお話を読みたい(具体的には、テッド・チャンの短編「理解」(『あなたの人生の物語』所収)に出てくる超人みたいな存在を作っちゃおう! とか、そういう話)。…が、とりあえず 80 ページほど読んだところでは、そんなに極端な本ではない感じ。いや、別にがっかりするようなことではないけど。

『エコノミスト・ミシュラン』は、山形浩生さんが褒めていたってのと、「リフレ派」ってなんだろう? という興味もあって購入。前半は編著者 3 人による鼎談、後半は経済書の書評という構成なのですが、名前を知ってるひとから知らないひとまでばっさばっさと斬られまくっているのだけど、そもそも経済的な知識が当方にまるで欠けているため、議論の正当性の判断がまるでつかない…。ともあれ、まずは「野口旭の「ケイザイを斬る!」」を読むことから始めよう。

あと、WEB + DB PRESS Vol.18 2004 の総力特集は見てもさっぱりわけがわからないのですっ飛ばして、PEAR 特集(「おいしさいっぱいの PHP ライブラリ徹底活用!! PEAR 実践入門」)が楽しみ。しかし、なんかあれこれやろうという意欲が全くないのでいつになったらそれを活用することができるかわかんないのがアレなのですが。

音楽 CD に対する「輸入権」導入問題について

遅れ馳せながら、音楽 CD に対する「輸入権」導入問題についてあれこれ調べてみたので、クリッピン。まとまってないので、あんまり役には立たないけれど。この問題の概要については、以下の記事を参照のこと。

問題とされていることを簡潔にまとめると、周知の通り邦盤 CD は日本国内では約 3,000 円で売られているものが多いのだけど、著作権者による正式なライセンス契約に基づいて台湾や中国等で販売されている同 CD は現地の物価水準に合わせた値段(上掲の asahi.com の記事によると台湾では 1,300 – 1,400 円、中国では 550 – 850 円)で売られていて、それが逆輸入されると例えば「ドン・キホーテ」とかの量販店等で)のだが、それでは日本国内版が売れなくなって困る、ついては「日本販売禁止レコード」の日本への還流を防止する措置を講じるべしと、こういうわけです。ライセンスと物の流れについては以下の引用を参照のこと。

  1. まず、日本の著作権者は、ライセンサーとして、ライセンシーとなる日本の CD 制作・製作会社と適法に著作権利用ライセンス契約を結ぶ。
  2. 日本の CD 制作・製作会社は、ライセンサーとして、ライセンシーとなる海外の CD 製作会社と、適法に、原盤の複製・頒布についての原盤使用ライセンス契約を結ぶ。
  3. 海外の CD 製作会社は、作った CD を、その国の卸・小売にまわす。
  4. そのいずれかの段階で、その国の輸出業者に CD が横流しされる。
  5. その CD が、日本の輸入業者に適法に輸入され、日本国内のディスカウンター・ワゴンセール・ネット販売などを経て、日本国内に適法に出回る。

[ 「ファースト・セール・ドクトリンの明確な位置づけなくして、レコード輸入権創設なし」笹山登生のオピニオン 32 より]

ちなみに、この流通過程には現在において違法なやりとりはまったくないので、東南アジア圏で問題となっている海賊版に対する防壁を築こうという話とはまた別の問題です(そもそも、海賊版を販売目的で輸入することは著作権を侵害する行為とされる旨著作権法第 113 条第 1 項第 1 号に規定されている)。

というわけで、文化庁において文化審議会著作権分科会法制問題小委員会が設置され「「日本販売禁止レコード」の還流防止措置」問題について議論が行われたわけですが、以下に引用する文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第 4 回)議事要旨を読むと、これがなかなかに面白い(「必死だな」という感じ)。以下の引用の「説明者」とは日本レコード協会常務理事の生野秀年氏、「委員」の詳細は不明。

説明者
現時点の調査では約 70 万枚、CD ライセンス量の約 20% が還流していると推定している。
委員
70 万枚だと、各国でも数十万枚の単位が当該国の流通ルートから日本に流れる部分は何らかの業者に取りまとめられていることになる。そういう場合、レコード会社が調査してどのようなルートで流れているのか、またライセンス契約で流せないように契約上の管理をする方法はないのか。
説明者
資料 4 – 1 の通り、表示、ライセンス量の限定、発売日の調整等を行っているが、その努力にも関わらず、還流の実態があるということである。
委員
ライセンシーが承知していて流していると思われるが、そうであればライセンス契約違反なので、契約解除などで対処できるはず。それができない事情があり、還流の実態があるのなら、立法による解決を図る必要もあるだろう。まず、ライセンス契約上で対処できないということを説明していただきたい。
説明者
ライセンシーが承知して流しているとは思えない。ライセンス契約は信頼関係に基づいて行っており、ライセンシーが悪意を持って日本に流すことがあれば、ライセンサーがそれを見過ごすことはない。ただ、ライセンス契約の運用について、より一層努力していきたいと考えている。
委員
例えば、特許権侵害や著作権侵害では、メーカー等が現地において死ぬ思いで調査をしているという、それだけの努力をしているのか。
委員
単に横流しがあるのでは。
説明者
ライセンシーが横流しをしているという意味か。
委員
何十本、何百本という本数ならともかく、実際、並行輸入するコストを勘案すれば、ライセンシーにかなり近いところで、何千本、何万本単位で横流しがされているはずである。そうであれば、レコード会社は流れをつかめるはずだ。
説明者
横流しは考えられない。一旦市場に商品が流通した場合、どのようにでも商品は調達できるので、その辺りをコントロールすることは非常に難しい。
委員
輸入サイドで、如何に還流を防ぐかということであり、ライセンシーそのものは契約を遵守していると思うが、中間に業者が入るため、そこをコントロールできないため、「輸入権」が必要なのである。

[ 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第 4 回)議事要旨 より]

このような討議の結果、このほど「文化審議会著作権分科会報告書(案)」が公開されたのですが、関係者間の合意が形成された事項として「「日本販売禁止レコード」の還流防止措置」問題についても池田信夫氏が「輸入盤を「非合法化」する著作権法改正」にて指摘する通り、輸入権を創設すると、海外のレコード会社の日本法人が洋盤の輸入を禁止することもできるようになるもんだから、さぁ大変だということになった。現に、先に引用した文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第 4 回)議事要旨では以下に引用する通りの議論が交わされている。

委員
洋盤は従前どおりという話だが、法的にはどのようなテクニックを用いるのか。例えばアメリカで製造されたレコードと、アメリカのレコードが中国で製造されたものとをどように区別するのか。また、区別した場合、国際条約上、問題はないのか。
説明者
制度上は権利付与については内外無差別という形で考えている。権利者が止めたいのであれば、当該地域のみの販売という表示をし、権利行使しない場合は、その表示をしなければよい。但し、洋盤についてはインターナショナル 5 メジャーから、止めるようなことはしないという言質を得ている。
委員
それは単に「止めない」と言っているだけで、止める気になればできるという権利をになるのか。
説明者
基本的には「止めること」は可能ということになる。
委員
つまり、内外無差別にしなければいけないので、法律上は世界中の真正商品を商業レコードに関して止めることができるということになるということか。
説明者
法律上はそうである。ただ、実際の運用では 5 メジャーの協力を得て現行ビジネススキームを維持しようということである。

[ 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第 4 回)議事要旨 より]

具体的に著作権法の条文がどのように改正されるのかってのはちょっとよくわからないのですが、ともあれこの議事に添付されている資料「レコード輸入権に関する関係者との協議の状況等について」の「2.「レコード輸入権」の内容」を見ると、いずれにせよ事は「日本販売禁止レコード」の還流防止措置にとどまらないということになるのです。このことについて、小倉秀夫弁護士は次のように評釈しています。

一国の法律を改正するにあたって、それによって生ずることが予想される「弊害」への対策が、世界中のレコード会社のうちたった 5 社の人間(どの程度の権限を持った人間かも明らかにされていません。)が、何の権限もない社団法人日本レコード協会の人間に対して、そのような制度ができても自分たちは日本国外で正規に流通させているレコードの並行輸入を止めることはしないと言ったと社団法人日本レコード協会の常務理事が言っていたということしかない───こんな馬鹿げた話は滅多にありません。実際に法改正がなされたあと、インターナショナル 5 メジャーが、アメリカなどで流通している安くて質の良い(少なくとも自分が持っている CD プレイヤーで再生できるかどうかユーザー側でびくびくしなくともよい)音楽 CD の並行輸入を禁止すべく、訴訟を提起してきたら、一体誰が責任を取るのでしょうか。

[ Blog – benli @ 11 18, 2003 10:32 「 逆輸入だけが禁止されるのか」 より]

また、公正取引委員会が公開した「レコード輸入権創設に係る公正取引委員会の考え方」という文書も注目に値する。

以下、面倒になってきたのでリンクで済まそう。「譲渡権」「国際消尽」といった法律的な話について調べるのも今後の課題。

「文化審議会著作権分科会報告書(案)」に関する意見
小倉秀夫弁護士によるパブリック・コメント草稿。輸入権の他、貸与権等、知的財産戦略会議での審議及び文化審議会著作権制度部会の報告書についての総合的な意見。
日本弁護士連合会による反対意見

何故に「邦楽」レコードのみ保護され、外国のレコードと差別的に扱うのか合理的理由がない。また、この差別を解消するために「洋楽」の輸入盤も輸入権の対象とするなら、現在でも日本の消費者が享受している国際価格を放棄し、日本の消費者のみ高いレコードを買わされることに帰結する。

平成 11 年の著作権法改正で 26 の 2 が創設され、その 2 項 4 号で国際的消尽が明定された。レコード輸入権は、その後の格別の事情の変化もないのにこの法改正を無視することになるのであって制度としての安定性を害すること著しい。また、レコードのみ例外的扱いをする合理的理由もない。

輸入権創設は、日本の消費者のみ高い代金を払わされるということに帰するのであり、日本の消費者に対する文化の伝播を抑制する結果を招来することになりかねないものである。また、日本の著作物を世界的に普及させ、またそれによって同時に外貨を獲得することにもならない。
世界的標準からも、消費者の立場を一気に弱めるものであり容認できないと言わざるを得ない。

「レコード輸入権」問題について
消費者団体側からの意見。再販制度を前提として輸入権の設定を認めることは、消費者利益を著しく損なう措置であることは明白であり、消費者の立場から絶対に認めることはできません
「ファースト・セール・ドクトリンの明確な位置づけなくして、レコード輸入権創設なし」笹山登生のオピニオン 32
笹山登生氏による、海外における状況を踏まえた上での考察。「輸入権」問題に限らず、「ファースト・セール・ドクトリン(first sale doctrine)」を徹底することを主張する。
ネット音楽とアナルコ・キャピタリズム
本間忠良氏による論考。面白そうだけど、長いので未読…。

Omeko Records

ウチの BBS に Omeko Records という謎の団体からの投稿があり、またもやスパム投稿かぁウザいなぁと思ったものの、しかしなんかエロ・サイトではなさげなのでとりあえず見ておこうと思ってその Omeko Records なるとこを訪れてみると、MP3 の試聴音源が置いてあったので聴いてみたらば、普通にいいじゃんコレらってば。オメコオメコいってるからぶっ壊れたジャーマン・プログレの出来損ないみたいなのを予想してたのですが、わりといい感じのやや壊れジャングルとか。個人的な好みをいえば、もっとぐだぐだに壊れてるぐらいの方が好きだなぁ。

んでもってそのひとつ上のディレクトリにいってみてわかったのですが、Omeko Records っつーのは Electro-Violence Distribution という大阪にあるショップ兼ディストリビュータがやってるレーベルであるらしい。ふむー。なんかいかにもスパムですよーってな書き込みだったから危うく削除するところだったじゃないか。こういうオモロげなことやってるとこだったら宣伝書き込み歓迎ですよ。まぁこんな小さいサイトの掲示板で宣伝してもなんの影響力もないけど…。

奥菜恵さんがご結婚

奥菜恵さんがサイバーエージェント代表取締役の藤田晋さんとご結婚されるとのこと。以前から交際してることが伝えられていたので「へぇー」という感じですね。これから宇宙を破壊したいと思います。

© 2020 栗林健太郎

Theme by Anders NorénUp ↑