真に世界史的に素晴らし果て過ぎている RSS Feed ディレクトリ / 検索エンジン BulkfeedsPermalink から、特徴的単語を持つ似たエントリを検索することができる Similarity Search なる機能が追加され、また、blog.bulknews.net @ February 03, 2004 「Bulkfeeds: Similarity Search リリース」にて述べられている通り、特徴的単語を持つ似たエントリを検索した結果を javascript でもって Permalink に埋め込めるとのことで、うちとこでもさっそく導入してみました。それにともない、いままで放置していた RSS 出力機構をちとばかし調整しました。

RSS の見直しについて、以前は日記テーブルの日記本文カラムから読み込んだ内容を mb_strimwidth() によって最初の 100 文字ぐらいでぶった切ったものを description につっこんでいたのですが(「description の自動生成について 」 @ 2003-06-26 21:49 (Thu))、それはあまりにも手抜き過ぎてまるでサマリたりえていないことが多いのだし、上記 Similarity Search 対策(!)ということもあり、日記本文の最初の p 要素の内容全部を description につっこむことにしました。また、このような制約を設けることにより、文章の改善にもつながるのではないかという気もします(上にリンクしたログでは、description を別に書くのが一番いいじゃんという至極まっとうな解決策が書かれていますが…やっぱ面倒なのよね…)。

あと、これはどうでもいいことですが、content モジュールにより日記内容全文も RSS に入れるようにしました。ますますサマリから遠ざかっていくような気がしまくるのですが、まぁどうでもいいやって気もしてきました。対応しているリーダならばわざわざこのサイトを開くまでもなく全文を読めるというのは楽ちんで素晴らしいことです(しかし、実装云々によって本来のあり方をねじ曲げるという考えに与するなんて…なんだかアレなことになっちゃったなぁ…)。