日記はScrapboxに移動しました。

サイモン・シン『ビッグバン宇宙論』

サイモン・シン著、青木薫・訳『ビッグバン宇宙論』を読みました。
ビッグバンを扱った書籍やその他のメディア自体はこれまでにいろいろ目にしてはきたのですが、それらの中でも断然ステキ極まってる。なんら奇を衒うことなく、古代の宇宙観から現代のビッグバン宇宙論までがっつり解説されていて、それでいてそれらがすっきりくっきりと頭に入ってくる感じが、サイモン・シン節だなぁ。
宇宙論の移り変わりや科学者たちの描写も楽しいのだけど、個人的には、「望遠鏡バカ一代」ともいうべき市井の天文学マニアが、次から次へと巨大な望遠鏡を作っていった歴史に興味を惹かれました。

ビッグバン宇宙論 (上)
ビッグバン宇宙論 (上)

posted with amazlet on 06.07.09
サイモン・シン 青木 薫
新潮社 (2006/06/22)

ビッグバン宇宙論 (下)
ビッグバン宇宙論 (下)

posted with amazlet on 06.07.09
サイモン・シン 青木 薫
新潮社 (2006/06/22)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *