MonthJune 2009

2009-06-28の買い物

以下と、エヴァのパンフを購入。

コケの世界 (科学のアルバム)

コケの世界 (科学のアルバム)

HUgE (ヒュージ) 2009年 08月号 [雑誌]

HUgE (ヒュージ) 2009年 08月号 [雑誌]

2009-06-28の日記

12時過ぎに起床。ちょっとだらだらした後、散歩へ出掛ける。今日は、以前から行こういこうと思っていつつもちゃんといってなかった、蹴上から疏水沿いに銀閣寺まで行くルート。しかし、家を出て蹴上へ登っている時点で、あまりにも暑過ぎて断念しそうになる。が、がんばる。

蹴上のインクライン下の門から入って、線路沿いを上がる。

f:id:antipop:20090628141232j:image:w400
f:id:antipop:20090628141307j:image:w400
f:id:antipop:20090628141555j:image:w400

日差しが暑い中上がっていくと公演のような場所に出た。金網の向こうには、疏水がざばざば流れている。実際に通水に使われているという土管がひとつ展示というか、おかれてあったのだが、その中でおじさんふたりがギターの練習をしていて、面白かった。さらに浄水場の方面へ。

f:id:antipop:20090628142205j:image:w400
f:id:antipop:20090628143641j:image:w400
f:id:antipop:20090628142337j:image:w400
f:id:antipop:20090628142422j:image:w400
f:id:antipop:20090628142809j:image:w400

昔これで船を線路にのせて引っ張っていたという滑車というかなんというか、そんなアレ。大きなクランクもある。また、ちょっと奥の方に入っていくと、近くには寄れないのだけど、ちょうど疏水が蹴上に出てくるトンネルも見える。感動。かっけー。萌えるなー。疏水にかかっている橋をわたってしばらく登ってみると、墓地や神社があるとのことだったが、そんなに深入りはしなかった。

公演に降り、疏水沿いを進むと、なにやら狭い道が続いている。途中、関西電力の水力発電所。そもそも電力供給のために高低差が必要なためにインクラインもできたってな事情なわけで、いろいろと面白い。これっていまも使われているのかなー。

f:id:antipop:20090628143911j:image:w400
f:id:antipop:20090628144050j:image:w400

さらに進んでいくと、北へ向かって流れていく道。水路閣へと続く。

f:id:antipop:20090628144257j:image:w400

数100メートルほど歩くと、なにやら鐘楼をおさめた建物があったりしつつ、水路閣南禅寺の裏手。

f:id:antipop:20090628144756j:image:w400
f:id:antipop:20090628145104j:image:w400
f:id:antipop:20090628145226j:image:w400
f:id:antipop:20090628145327j:image:w400
f:id:antipop:20090628145348j:image:w400

どうでもいいことですが、いわゆる「けいおん!」の聖地とされる中で主だった場所のうち水路閣だけなぜかいままできてなかったのであった。和風な景色の奥にずーんと建っている水路閣は、やっぱり渋い。さらにちょっと奥までいくと、疏水は再び山の中を通るトンネルに入り、その先は見えなくなる。

f:id:antipop:20090628145538j:image:w400

南禅寺を抜けて、さらに北へ。東山高校の裏手には取水口があって、少しだけ疏水を見ることができる。

f:id:antipop:20090628151135j:image:w400

さらにずんずん北上して、哲学の道へ。なにやら工事をやっており疏水の口は見ることができなかったので残念。というか、工事してなくても見ることができるのかどうか知らないけど。

f:id:antipop:20090628152255j:image:w400
f:id:antipop:20090628152803j:image:w400
f:id:antipop:20090628153704j:image:w400

ひたすら北上。法然院も行きたかったけど暑くて怠いのでスルーして、銀閣寺へ。約1年前にきた時はすっかり解体寸前みたいになっていた建物が、わりとできあがりつつある感じになっていた。

f:id:antipop:20090628160923j:image:w400

順路をたらたら巡りつつ、庭のコケを眺める。いつ見ても見事なものだなあ。西芳寺には行ったことがないのだけど、どうなんだろう。後ろを歩いていたおじさん、おばさんの集団は「苔寺よりこっちのほうがきれい」といっていた。途中、スズメバチみたいなのに襲われそうになって走って逃げたりしつつ、満喫。職員の方が、コケの上にかぶさる葉っぱ等をほうきで掃いたり、余計な草を抜いたりしている。

銀閣寺道を白川通まで出て、あとはひたすら南下して帰路。途中、アイスクリーム屋さんで買って食べたり。二条通を岡崎の方面へ入って、動物園沿いに歩く。ちょうど閉園の時間だったようで、ひとがわらわら出てきた。まだ行ったことがないので、近いうちに行きたい。仁王門通沿いの疏水を撮る。

f:id:antipop:20090628165208j:image:w400

神宮道と三条通の交差点近くにある洋食屋みたいなところでハヤシライスとビール。やたらなんの感興も催さないまったくもって無意味な食べ物という感じで、なんでこんなもの出してるんだろうと、逆に感心する。

f:id:antipop:20090628170734j:image:w400

帰宅して、洗濯等しつつネットを見たり。20時前に、買い物に寄りつつ、レイトショーでエヴァの新しいのを観に出掛ける。MOVIXはいままで見たことがないほど若者でごった返しており、予約しといてよかったなーという感じ。Kさんが偶然隣の席になって、驚いた。んでもってエヴァは、とても面白くて楽しめました。パンフも買っちゃった。

その後、etwに寄ってビールとオイルサーディンをいただきつつ、パンフや買ってきた雑誌等を眺めて、帰宅。ビールを飲みつつパンフを眺める。

2009-06-27の買い物

音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)

音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)

コケの謎―ゲッチョ先生、コケを食う

コケの謎―ゲッチョ先生、コケを食う

校庭のコケ―野外観察ハンドブック

校庭のコケ―野外観察ハンドブック

2009-06-27の日記

朝9時過ぎに起床。iPhone 3GSを買いにいくため、早めに起きた。11時頃ビックカメラへ。するとひとがたくさん並んでおり、いまはあれなので13時半頃にまたくる方がいいといわれたので、いったん退却。京都駅前はよくわからないので、四条烏丸へ。大丸裏の駐輪場に自転車を止め、ジュンク堂へ行きコケの本を購入し、錦市場の出口のちょっと先にあるお好み焼き屋で昼食。

13時半頃にまた行ってみると、今度は整理券をわたされて16時半頃にくるようにいわれる。ややうんざりしつつ、またどこかへ退却するのも面倒なので、駐輪場を探して自転車を置いて、京都駅ロータリー脇にあるなんとかいう喫茶店へ。しばらく、購入した『音楽の聴き方』を読んで時間つぶしをする。時間になり行ってみると、今度はすんなりと購入手続きに入れた。結局、新機種は分割、旧機種は一括払いということにしたのだが、旧機種を清算するのに53,000円かかり、痛い出費になってしまった……(まあ支払いはまだ先だけど)。

帰宅してアクティベーションする。全体的にもっさり感が軽減されたのと、日本語の変換時のもたつきがかなりなくなっていていい感じ。ただ、そのために高いお金を払う価値があるかというと、微妙という気がする……。なんかいいように騙されているという気持ちです。とかやってるうちに、暑い中走りまわっていたので眠くなって、寝てしまう。

12時半頃目覚める。シエスタというカフェで「プログラマーズナイト」というイベントが行われているということで、Mさんと待合せていってみる。狭い店内にやたらひとがたくさんいて、まったく身動きの取れない状況。よくわからないので、とりあえず同僚らとおしゃべりをして過ごしただけだった。明け方、大豊ラーメンでラーメンをいただいて、帰宅。なんだかんだでだらだら起きていて、7時頃就寝。

2009-06-25の買い物

コケブーム到来中。

コケ (フィールド図鑑)

コケ (フィールド図鑑)

2009-06-24の買い物

創刊号に引き続き、購入しました。志村貴子さん(id:takako_s)の漫画「中学生」も掲載されています。

季刊GELATIN2009 なつ (WANIMAGAZINE COMICS)

季刊GELATIN2009 なつ (WANIMAGAZINE COMICS)

2009-06-22の買い物

amazon.comから届いた。

On Reading

On Reading

2009-06-21の買い物

創造者 (岩波文庫)

創造者 (岩波文庫)

苔とあるく

苔とあるく

初めてのActionScript 3.0 ―Flashユーザーのためのステップアップガイド

初めてのActionScript 3.0 ―Flashユーザーのためのステップアップガイド

2009-06-21の日記

16時頃起床。部屋があまりにも荒れ果てていて気が滅入るので、掃除、洗濯を行う。気がつくと19時とかになっていて、残念な感じ。

ジュンク堂へ。AS3をやってみたいなーと思ったのだけど、イメージが全然掴めないのでざっくり解説してある本を読み流してからPDFで配布されてるドキュメントとか読んでみようかなってんで、参考書を探してみる。が、なんか思うような本がない。しかたないので、適当に目についたものを購入した。あと、最近植物に興味を覚えてきたので、苔の本とかを購入。また、ボルヘスの『創造者』が岩波文庫で再刊されているのを知り、即座に購入したのだった。

買った本を持ってElephant Factory Coffeeへ。暑いのでコーヒーをいただくという感じにならず、グレープフルーツジュース。買ってきた本を読む。しばらくわりと熱中して苔の本とかを読んでて、おなかが空いたので出る。新福菜館の河原町店でラーメン。京都駅近くのは先日いったのだが、こちらはよく前を通るのだけど、初めて。

f:id:antipop:20090621213540j:image:w400

ブックオフに寄って、ビールを購入して、近所の神社の写真を撮ったりして、帰宅。本読みの続き。

f:id:antipop:20090621222603j:image:w400
f:id:antipop:20090621222659j:image:w400
f:id:antipop:20090621222806j:image:w400

2009-06-20の日記

14時頃起床。二日酔いで頭が痛い。ベッドに横になって藤原ヒロシさんの半生記『丘の上のパンク』を読む。親に誘われて18時半に京都アスニーで行われる木管五重奏とピアノの夕べへでかける。京都市交響楽団木管楽器の首席・元首席奏者の方々による演奏で、選曲も楽しい感じで、思いの外楽しめたのでよかった。チケットも安いし(この日は無料でいったのだけど)。

帰りに、その近くの「豚ゴリラ」というとんかつ屋さんで食事。「かつくら」で10年以上修行をされていたという方が独立して出した店ということで、システムやタレの壺など、「かつくら」ゆずりのものが多い感じ。ヒレカツをいただいたのだけど、あっちのお店に比べてころもがかなりさくさくしている。こちらのお店もそれはそれでいい感じだと思うのだけど、遠いのであんまり行かないだろうなあ。

家でちょっと休憩し、タルコフスキーナイトのために京都みなみ会館へ。自転車でゆっくり行くと30分ぐらいかかる。かかったのは「鏡」「ノスタルジア」「サクリファイス」の3作。「鏡」はわりといいのだけど、「ノスタルジア」「サクリファイス」となると、昔観た時はまだ寛容だったのだろうけど、いまとなってはもう、そのマイナーなポエムぶり、思わせぶりな演出が鬱陶しくてしかたがなく、タルコフスキーは苦手だなという思いを再確認したのだった。

朝、7時頃に帰宅してビールを一本飲んで就寝。

© 2020 栗林健太郎

Theme by Anders NorénUp ↑