書物復権」フェアで、長らく入手困難であった勁草書房の『映画にとって音とはなにか』が復刊されていた。

映画にとって音とはなにか

映画にとって音とはなにか