田口賢司さんの2004年に刊行された『メロウ』を読む。VERDYさんのGirls Don’t CryがUNIONとコラボというニュースを見て『ボーイズ・ドント・クライ』を思い出し、いまなにやってんだろうなとググったら、2004年刊行のこの本を読んでないのに気付いて購入したのだった。浅田彰さんにより、ドゥマゴ文学賞を受賞している。時間を経てみれば、このような「ポップ」というものが、一時的な趣味のひとつであったことが、当たり前のこととはいえあらためて感じられる。あの頃は、それが最上のものだったのだが。

代官山蔦屋で縄文関連本を2冊買う。