研究所のメンバーが実績を整理する過程で、僕の論文もアップロードしてくれていた。かなり走り書きしたエッセイみたいな感じだから学術的な価値を云々するようなものではないが、今後の技術や研究の方向性についてのメモではある。もう少しいろいろ書きたいことがあったのが、うまく書けなかった。そのあたりはおいおい書いていきたい。

帰宅して、『辺界の輝き―日本文化の深層をゆく』、『思考を鍛えるメモ力 (ちくま新書)』を読む。