最近、寝入りばなに三代目古今亭志ん朝の噺を聴いている。東京に引っ越してきたばかりの頃は、江戸文化みたいなのにまったく興味が持てなかったのだが、いつの間にやら落語はもとより、食文化や土地にまつわる歴史など、東京の文物に触れ、好んでいるところ。