朝、起きるなり仕事を始め、そのまま昼まで。歯医者に寄ってから出勤し、そのままずっと夜まで。集中してあれこれやった気もするし、しかし、イシュー度の高いことがやれたわけじゃないので、反省もあり。

代官山蔦屋に寄り、今日発売の『MASAHISA FUKASE』と、form magazineを買う。帰宅して、さっそく深瀬昌久写真集を眺める。昭和の男の私的な視点とみるとちょっといやな感じがするが、深瀬昌久の写真はそういうのを超えて、プンクトゥムに満ちた、いってみれば「写ってしまっている」という、主観を超えた画面が面白いのだと思う。やはり、70年代の「烏」シリーズ以降、事故間際の「ベロベロ」と「ブクブク」の圧巻ぶりに感嘆を覚える。

続けて、foam magazineの51号を眺める。