脱近代宣言』を読み始める。前作同様、落合さんの議論は危うさをもちろん感じつつも、時代の流れでもあるし、自分としても共感するところも多くあると思う。