新宿伊勢丹で行われている「世界を旅するワイン展」へ。すごい人だかり。まずは一通りめぐってみて全体像を掴んだ後、Berry Bros. & Ruddが出しているバーでイギリスのスパークリング飲み比べセットを飲んだり、マデイラワインのショップでさらに飲み比べセットを飲んだり。出店しているお店がそれぞれに珍しいものをたくさん持ち込んでいて、天国。15本ほど買って、今晩飲む1本以外は郵送。ワインという楽しみを持ってよかった。

西麻布のKANA KAWANISHI GALLERYで行われている片桐飛鳥展と、トークショーを観にいく。主観をできるだけ消して、人間の眼には見えないものをカメラを使って見えるようにするという話がとても共感的。さらに、そういうことができるために、逆説的にトレーニングを積む必要があるという話も面白い。

乃木坂の方へ歩きBooks & Modernへ寄ったあと、トゥーランドット臥龍居で夕食。ここに来るのは2回目だが、やはり美味しい。帰宅して、今日買ったワインを飲む。CASTILLO DE ENERIZ CRIANZA 2013は、テンプラニーリョのオイリーさと、カベルネ・ソーヴィニヨンとガルナッチャの果実味、タンニンが相まって、非常に複雑かつ長い余韻を持った素晴らしいワイン。これまた、先日のスラ・ヴィンヤーズのものとは違う意味で、衝撃的。