朝食を駅前のカフェで摂ったのち、図書館でしばらく過ごす。帰宅して、月曜日のイベントのための資料作成。ある程度めどがついたので、自転車で散歩にでかける。

今日のテーマは麻布の坂。鼠坂と植木坂を上がって外苑東通りへ出たあと、さらに鼬坂を上り下りし、狸穴坂を降りてからの土器坂をあがって飯倉へ。少し神谷町の方へおりたあと、雁木坂、三年坂から盆地へ。日本郵政のビルを取り壊す大きな音が響く。あたり一帯は、これから六本木ヒルズのような感じの再開発が行われるようだ。

アークヒルズ仙石山森タワーをぐるっとまわって、霊南坂から溜池の方へ。テーマとは異なるが寄り道をして、永田町へ。国会議事堂のあたりをまわって、自民党本部のあたりから赤坂見附のあたりに下る新坂を通り、ビックカメラに少し寄ったあと、牛鳴坂、薬研坂からの三分坂。んでもって檜坂から三河台に上がり、六本木交差点でテーマ完了。

麻布近辺の坂は、元麻布から六本木は洗練されており、東麻布から麻布台のあたりは野趣あふれる古き良き東京の坂という一方で、赤坂の坂は高低差やカーブ、形状がかなり極端な感じで、アヴァンギャルドな風情がある。それぞれにいい感じの見どころがあり、飽きない。目白台の坂も素晴らしいのだが、地形の複雑さでは麻布に軍配があがると感じる。

帰宅して、牛スネ肉の赤ワイン煮を作成する。思ったように行かなかったなあとあらためてネットで画像を調べてみると、野菜の切り方が違う感じだった。なるほどなあ。洋食をあまり作らないのでそのへんの勘所が働かないのであった。またひとつ学んだ。食後は、ワインとテキーラを飲みつつ『江戸東京坂道事典コンパクト版』、『アースダイバー』を眺めて、今日の散歩の復習。