2019年5月27日

朝、ご飯を作ったのちそのまま仕事して、昼休みに出社するルーチン。調子がいい感じがする。とはいえ、そこには罠もある。どういうことか?

すなわち、自分にとっては、生産性が高いことが目的なのではなく、新しい価値を作ることが目的。それを忘れてはならない。たとえば、年に1回、たった1行のフレーズしか産まなかったとしても(物量的な意味での生産性が極めて低かったとしても)、他の人にはできない新しい価値を作れたとしたら、それが自分の仕事の本来の目的であるということ。

帰宅して、リゾットなどを作る。お店で一本だけ残っていたラ・スピネッタの白が、非常に旨い。

ケヴィン・ケリーの『テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?』を読み返す。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

May 2019
M T W T F S S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31