奄美旅行8日目。台風一過で晴れとまではいかないものの、だいぶ風も落ち着いている感じ。ウジジ浜によってしばらく眺めたり。漂流ゴミがすごい。地元の子供達がボランティアで拾ったりしてるようだけど、追いつかないんだろうなあ。さらに、スーパーで昼ごはんを買って、「西郷どん」のロケ地の入り江へ。外海に面した場所なので、入り江のそとはすごい波。写真を撮っていたら、急に波が浜を埋め尽くすぐらい押し寄せてきて、慌てて逃げる。

先日いった時は悪天候で車からでられなかった田皆岬をぐるっと歩いて見て回る。西側に大きな古い石垣があって、これはなんなんだろう?と思う。軽くググっても出てこないし。さらに和泊方面へ進んで、和泊町歴史民俗資料館を訪問。ユリ推しな資料館だが、それよりもむしろトゥール墓についての資料や「おもろそうし」についての記載に興味を覚える。そのあたりも掘ってみたいなあ。

早めに宿に戻って、焼酎を飲みつつ『カヴァフィス全詩』を読む。その後、祖母宅に行って、夕食をいただく。母が昔の写真を持ち出してきて、Kと一緒に眺める。昔の写真なんてもうなくなったものだと思ってたのだが、残っていたのだなあ。懐かしい写真たち。焼酎を飲みすぎて、だいぶ酔っ払ってしまった。