入院2日目。夜、相変わらずまったく眠れず。とにかくこの高熱と頭痛をなんとかしてほしい……と思っていたら、主治医の救急科の医者が、原因はわからないが手をこまねいていてもしかたないのでできることをやるという。少し安心。

原因については、いまのところレプトスピラ症ぐらいしか可能性が思い当たらないので、そうだった前提で抗生剤の投与を行うとのことで、夕方より投与開始された。投与されて1〜2時間程は、高熱が収まってきてひさしぶりに霧が晴れたかのような気がしたし、実際、これで治ったのでは???ぐらいに余裕こいてたのだが……。

投与から3〜4時間後ぐらいから、猛烈な寒気におそわれる。体の中が爆発したみたいな感じ。1時間ほど耐えていると、今度は高熱で目の前がギラギラ、夜中頃にはそのギラギラが頭蓋骨のあちこちの溝みたいなところにへどろのようにたまってる感じがして、それが頭痛になっている。もしレプトスピラ症ならそういうこともあると予告はされてはいたけど、ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応マジでヤバい……。