2019年11月3日

家具を見に行くため、目黒へ。目黒通りを歩いて柿の木坂へ。ちょうどマルシェをやっているようで、道端に出店も出ているし人もたくさん歩いている。とても盛り上がっている感じ。店はアンティークを扱うところが多く、中には珍しいモダンファニチャー置いてある店もあり、またセンスの良い古道具を置いてある店もあったりして、結構面白い。今回はダイニングテーブルと合わせる椅子を探しているのだが、ちょっといいものがあったので検討してみようと思う。

バスで中目黒まで行き、カフェファソンに入る。ここは前の家に住んでいた時にたまに来ていたところだ。コーヒーがとてもおいしい。他にチーズケーキも食べた。相変わらず繁盛しているようで、入る時も20分ぐらい待ったし、食べている間も次から次に人が並んでくる。そのためさっと食べた後、あんまり長居しないで店を出た。

せっかく中目黒に来たので、ここはやっぱりnancy still waitingへ。『ワードマップ デザインマネジメント論』を読む。この本の著者の紹介しているベルガンティの本も以前読んだのだが、意味のイノベーションやデザインプロセスについての独自の見解は、興味深いものではあるもののいまいちふに落ちなかった面もあった。しかしこの本の簡潔な説明によって、少しわかってきた気がする。デザイン論についてのアカデミズムの論点を網羅しており、この本を使って勉強会をするといいと思う。

渋谷へ行き、丸善ジュンク堂へ。『フランス語発音トレーニング[増補新版]』、『フランス語 (ひとり歩きの会話集)』を買う。フランス語を勉強するにあたって、昨日読んだ勉強法の本も参考にまずはどんどん話をすると言う勉強法を取ってみたいと思う。そのため、発音の仕方を一通り練習してみてから他のことを勉強する方が良いのではないかと思う。また、実践的な例文を学び記憶すると言う意味では、旅行における会話を集めた本がこれまでの蓄積があり1番良いのではないかと言う気がする。それで1つ適当に買ってみた。

買い物してから帰宅し、夕食を作る。キャベツと豚バラの酒蒸し。あんなにたくさんあったキャベツが蒸した後はすっかり縮んで食べ始めるとすぐになくなってしまった。これから寒くなっていくとキャベツや白菜と豚肉を蒸したり鍋にしたりなど簡単な料理が頻繁に登場するようになるだろう。

早速買ってきたフランス語の発音の教科書を読みながら、アプリで音声を聞きつつ、ひたすら発音の練習をする。Rの発音をずっと続けていると、喉がイガイガしてくる感じがする。あんまりやりすぎると荒れてしまって風邪につながるのではないかと言う気もする。発音練習を終え、蓮実重彦氏の本の写経に移る。ようやくレッスン1が終わった。少しずつでもやっていけば覚えていけるだろうか。ただ、今日はこれまでよりも進みがややスムーズだった気もする。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA