朝6時半頃に起きて、セルリアンタワーへ。ニューイヤー駅伝の応援ツアーに参加するのである。バスに乗って群馬へ。今年から弊グループの陸上部が駅伝に出るようになり、その応援。群馬って初めて行くので、そういう意味でも楽しみ。ポイントをバスで移動しながら、応援してまわる。初出場で初優勝をねらっていたのだが、結果は5位。しかし、めちゃすごいことだよなあ。選手の皆さん、お疲れさまでした。駅伝を見る楽しみを新たに得られて、自分としてもよかったと思う。

バスで高崎まで行き、そこから新幹線で帰る。指定席が2時間ぐらい先までうまっていてどうしたものか……と途方に暮れたのだが、上野まで40分程度で着くようなので、自由席の切符を買って、立つ。久々に新幹線で座れずに立って移動するということをした。いやなものだなあ。立ちながら、『地形の思想史 (角川書店単行本)』を読む。タイトルから想像した内容とは異なり、やはり著者らしく近代・現代の裏面史と皇室の動きをからめた内容。ダークツーリズムの案内としても読める。面白い。

上野に着いて、タクシーでKの実家へ。お正月の挨拶にうかがう。既にみなさんおそろいでおまたせしてしまった。おせちなどをいただき、ヴーヴ・クリコや阿部勘などお酒もたくさん飲み、お腹いっぱい。どれもめちゃ美味しかったなあ。Kの姪っ子は、観るたびに新しいアクションや言葉を覚えており、その年頃の子どもは面白いものだなあと思う。しかし、僕のことを怖がって近寄ろうとしないというのは、もう会うようになって1年ぐらい経つのだが、変わらないのだった。

この日記をnoteに移し、かつ、有料購読すると読めるようにしようと思ったのだったが、宮台先生のインタビューを読んで考えを改め、普通にここで好き勝手書いたらいいじゃんという気持ちになったので、そうすることにした。あと、慣れないせいなのかわからないが、noteのUIが想定しているのだろうメンタルモデルが全然理解できなくて困ったというのもある。年末から2回試みて、月またぎで1,000円を浪費してしまった。

今年の抱負をどうしようかなあと思っているところ。だいたい方針みたいなのや、具体的なタスクみたいなのはあるのだが、そういうのを書いてもなあという気もするし、そもそも抱負みたいなのを立ててなんかよかったことがないというのもあり、いったん捨て置いてもいいのかもしれないとも思う。方針というのは、これまで自分の考えや能力にしばりをかけて動いていた感じがするので、もっと自由に好きなように能力を発揮して生きていくのがいいのではないかみたいな感じ。