2020年1月19日

ルイス・ウルフソンに関する資料や評論を集めたDossier Wolfsonが届く。現状のフランス語力だと全然読み進められなさそうなのだが、少しづつでも調べながら読んでいこう。ウルフソンは、書いている作品が、母語を複数の外国語へ置き換えていくというものだそうで、自分の関心からいって、非常に適合的な作品を書いているひと。また、2作を残したあとは博打で大儲けしたり、リーマンショックで大損こいたりなど、よくわからない生き方をしているのも面白い。

North Villageへ。原武史『〈出雲〉という思想 近代日本の抹殺された神々 (講談社学術文庫)』を読む。「古代出雲人は縄文人寄り DNA解析で判明:朝日新聞デジタル」という記事についてSlackで言及したら、出雲出身のやたら博識なM氏がいろいろ教えてくれた。その中の一冊。明治維新においてアマテラス系の国家神道が確立されていった裏面としての「敗者の精神史」としての、幽冥を司る大国主命をめぐる国学の流れを語るもの。古代の出雲の大和ととの対抗的な立ち位置が、縄文由来のことだとしたら面白いと思って、関心を持っている。

書店で『吉田健一ふたたび』を買う。先日『旅の時間 (講談社文芸文庫)』を読んでおおいに感銘を覚え、吉田健一をやっぱり読まねばならないということになり、この本も買ってみた。さっそく読み始める。その他、Kindleで『古事記 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』、「時空旅人 2020年1月号 [雑誌]」、『大正天皇 (朝日文庫)』を買う。「古事記」をあらためて読もうというというのと、いま国立博物館でやっている展覧会の予習、および、原武史さんの続き。

また、「100分de名著シリーズのバックナンバー約100冊を読破したら人生変わった」という記事を読んでそういう読み方もあるかーと思っていたのだが、周囲で何人か読んでいるひとがいたので、物は試しと思い最新刊の『NHK 100分 de 名著 呉兢『貞観政要』 2020年 1月 [雑誌] (NHKテキスト)』から買って読み始めてみた。ふつうに読んでも1時間ほどで読み終えられて、さくさく読めるのはよさそう。もうちょっと他のも読んでみよう。

1 Comment

  1. あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)
    読み通すには一頑張りが必要かも。
    読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
    ネット小説も面白いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


© 2020 栗林健太郎

Theme by Anders NorénUp ↑