朝、依頼原稿の骨子を作り、少し書き始める。やっぱり、基準として示された文字数を大幅に超えそうな感じ。あんまり書きすぎないように、しかし、いままで話したことのない内容をできるだけ書くようにしようと思っているところ。あとは書くだけという目処がついたので、でかける。

恵比寿まで歩いていき、NADiff a/p/a/r/tへ。『じゃない写真:現代アート化する写真表現』を購入。Moffoomへ行き、読む。現代アートとしての写真入門としてとてもわかりやすいし、後半の著者の新たな挑戦の経緯についての記述も生々しくて、とても興味深い。写真って面白いなあ。そこからPOSTへ行き、HOW WE SEE: PHOTOBOOKS BY WOMENを購入。『「僕ら」の「女の子写真」から わたしたちのガーリーフォトへ』を読んだのもあり、写真におけるジェンダーについてもう少し観てみようと思って。

新橋で用事があるのでタクシー。運転手の足の臭いで気分が悪くなる。気を取り直して、閑々居で、Kの友人の藤井健司さんの作品を観る。さらに、宴会が始まり、ワインと猪鍋のご相伴にあずかることに。いろいろと面白い話をうかがい、楽しくて遅くまで居座ってしまった。作品を一枚購入することにして、軸装してもらうためにまた後日相談。

帰宅すると、先日購入した神楽岡久美さんの作品が届いていた。とりあえず、ロバート・ボシシオさんとの並びで飾ってみた。

昼に読んだ本でも紹介されていた渡部さとるさんのYouTubeチャンネルを眺める。現代写真について、ゲストを読んで解説する動画もあったりして、面白い。なかなかそういうのはないのではないか。