東京へ戻る。機内で『日本写真史 (上) (中公新書)』を読む。帰宅して、YouTubeで渡部さとるさん、トモコスガさんの新作動画を観た後、山口真人さんの動画を観る。現代アートのアーティストが、制作過程やニューヨークでのグループ展をやってどう感じたかなどを話していて、面白い。その後、一眠りして起きたのち、夕食を食べて、さらにYouTubeを観る。岡田斗司夫さんとか、あとは現代アート関連のもの。

しかし、あらためていろんなひとがYouTubeで発信しているのだなあと思う。面白いコンテンツも多いし。テレビ的なコンテンツには興味ないのでそういう面白さではなくて、ホームページが作られ始めた90年代後半、Twitterが使われ始めた00年代後半に感じた、ずっと本で読んでいたあのひとの文章をこういう別の文脈でも読めるなんて!という感じに近いという気がする。なんかもっと他に、自分的に興味のあるひと、YouTubeにいるかなあ。