最近、やっぱ疲れ気味なのかな?と思って11時過ぎぐらいまで寝ていたら、それはそれで寝過ぎなのか軽い首コリになってしまって往生する。あんまロキソニンを飲むのはよくないんだろうけど頭痛になると一日無駄になるのでしかたなし。その後、『リハビリの夜 (シリーズ ケアをひらく)』を読む。極めて面白い。脳性麻痺の身体の持つマゾヒズム的感覚の記述自体がそもそも目新しく、さらには身体内外の協応構造という言葉によって身体性が社会の成り立ちの根本に開かれていくのがエキサイティング。

昨晩アク抜きした筍を茹で湯から取り出して前処理。今日はもうなんもしないようにしようと思ってビールを一本飲んだ後、スーパーに食材を買いに行く。ついでに最近ハマっているカ・ボッタのアマローネを買い、帰るなりさっそく飲み始める。めちゃ旨い。天気もいいし、いい気分である。そんなことをしながらだらだらしているうちに夜になり、準備してあった筍を使って炊き込みご飯。その他、きのこスープなど。ご飯を食べながら、NHKプラスの「ファミリーヒストリー」で神田松之丞あらため神田伯山さんの回を觀る。

その後、セキュリティ系の論文をあれこれ探したり、その過程で大学の文献検索サービスの使い方を調べて使えるようにしたりなど。検索結果が外部サイト(IEEEとか)になるのだけどどうやって大学のアカウントとしてダウンロードできるんだろう?と思ったら、VPN経由で大学ネットワークないからつなぐと読み放題になる、という構成になっているのであった。それがわからなくて、だいぶ迷ってしまった。ともあれ、あれこれ読めるようになったのでよかった。