今日は定例のミーティングが多い日だったなあ。いろいろ議論したり進捗したりしてよかった。

自分の関心からいって、何をやるにしても結局は機械学習をやっていくことになるので、思い直してちゃんと勉強することにした。大学院ではその方面に特化した講義は(少なくとも今年は)ないので、自分でやっていく必要がある。というわけで、いくつか評判の良い教科書を買って読んでみたり、Machine Learning Crash Courseをやり始めてみたり。入門的な本をあれこれ見ていると同じ話題について何度も見ることになるのだが、説明がわかりやすいものもあったりして、少しずつ理解ができてきている感じはする。ひとつの本を深堀りするのもいいけど、わからなくてハマったらそこで途絶えてしまうので、それよりはあれこれ見ていって勘をつかむのもいいのではないかという気もする。

このところ断続的に読んでいた『心を知るための人工知能: 認知科学としての記号創発ロボティクス (越境する認知科学)』を読了。自分の問題関心にもかなり近いし、これからしばらく先(数十年?)のアイディアや方向性をもらった感じ。