首凝りはなくなってきたものの、昨日までの痛みによる疲労が残っている感じがして、体全体がだるい感じがする。それで、11時過ぎまで寝ていたにも関わらず、起きて少しご飯を食べた後、またベッドに戻って本を読みつつごろごろする感じ。昨日注文したWithings Sleepがもう届いて、さっそくセットアップする。眠りもトラッキングして、改善していく。というか、ストレッチ等して凝りを和らげることの効果を、眠りに関する各種指標からみていく、というのが正確なところ。

昨晩に引き続き、今村夏子『木になった亜沙』を読む。これもまためちゃめちゃすごい。引き込まれる。このひとはすごい力量の持ち主だなあ。その後、須賀敦子の伝記を読んでいるうちに眠くなってきて、寝る。

今年の春頃に東京にでてきた、年の離れた従姉妹と食事に行こうということで、日比谷へ。TexturAというお店。イタリアンと中華の創作料理みたいな感じ?駅に近くて便利そう。あれこれ近況などをきく。

帰宅して、キーボードが届いていたので、早速使い始める。肩こりが酷いのを抜本的にどうにかしようというわけで、セパレートタイプのものを買ってみたのだった(自分で部品を選んだりして組み立てることにも興味はあるのだが、そのあたりは今後におあずけ)。入力を始めてみると、いままではYを基本的には左手で入力していて、Hはどっちか近い方でその時々によって使い分けていたようで、わかっていても指がからぶってしまう。これはしばらく使ってみないと馴れそうにないなあ。キーボード自体も度のポジションにあるのがいいのか、あれこれ試してみないと。いずれにせよ、これで少しは首と肩がマシになるといいなあ。

などと思いながらタイピングしているのだが、リストレストがないとだめだなあ。また、まだ馴れないせいもあるけど、むしろ肩がずっと緊張してしまっている感じもする。馴れてくるとマシになるだろうか。あと、トラックボールを置く位置も試行錯誤が必要そうだ。キーボードの間においているのだが、単に真ん中にまっすぐおくだけだと、使いづらい。ちょっと左方向に傾けつつ、右手側にやや寄せておくほうがいい気もする。しばらくそれでためてしてみよう。しかし、ミスタイプが多いなあ。改善するだろうか。