今日はちょっとおでかけ。10時頃に品川から新幹線、京都まで。宿泊先のリッツカールトン京都(ポイントで無料なので)にチェックインして、二条通を東へ。「おかきた」はずいぶん並んでいたが、ここで食べないわけにもいかないので30分ほど待って入店。あんかけうどんと親子丼。食後は少し引き返して、リニューアルオープンした京都市京セラ美術館。

めあては杉本博司展「瑠璃の浄土」なのだが、予約した時間まで少しあったのでコレクション展を観る。よいものもいくつかあるし、上村松園の「人生の花」「天女」のシリーズあたりには大いに感銘をおぼえたのだが、「美」なるものをこんなにも素朴に追い求め続けた人々のかつてあった姿を次々に見ていると、そのことに食傷する気持ちもするし、そういう感じ方自体がおかしいのではないかという気もする。

続けて杉本展へ。のっけから「五輪塔」の並びで圧倒される。続けて、OPTICKSのシリーズからの「仏の海」。さらに、杉本さんの所蔵するお宝コーナーと海景のインスタレーション(「五輪塔」ともども、そのように呼ぶのがふさわしかろう)。室内の展示はこれで終わりで、意外と少ないという感じは覚えるが、インパクトは大きい。杉本さんの作るものには、(展示に限らず)常に驚かされ、圧倒される。その後、外に出て、中庭の池に据えられた硝子の茶室「聞鳥庵」。そこからぐるっとまわってまた正面に戻ってから、もと来た道を歩いて、東山キューブの屋上へ。

帰り道、京都会館に近頃できた蔦屋のスタバでお茶して休憩。すっかり明るい、ひとの集まる空間になったなあ。ホテルに戻って、しばし休憩。予約の時間が近づいてきたので、祇園へ。東山通りはずいぶん混んでいる。

今日は、京都に住んでいるころから気になっていつつもこれまでいけてなかった「祇園にしかわ」(ホームページにグーペを使っている!)。最初から最後まで捨て駒なしでありつつ、かといって一本調子なわけではもちろんないのでそれぞれの品がすいすい喉を通ってしまう感じで、うなるほかない旨さ。こういうのは京都のお店にしかやっぱできないよなあ。その後、CAFE VELVET KYOTOへ少し寄ってお茶。『世界哲学史 8』を読了。さらにK6へ(Cave de Kが空いておらず残念)。少し飲んでホテルへ戻る。

ごろごろしながら『昭和史講義【戦後篇】(上)』を読む。ちょうどスパイのあたりの話を読んでいたため、スパイにさせられた夢を見たりして、影響を受けてしまった(スパイといっても007みたいな感じではなくて、かなり悲惨な話)。