朝からずっとバタバタしてる感じ。夜はCTO協会のミーティングと、さらに関連の作業など。そんなことをしていたら、首の後ろから肩が張ってきて痛みがでてきた。慌ててストレッチをするが解消するかどうかわからないのでロキソニンを飲む。

新しく作ったチャンネルにワークスペースの全メンバーを招待する必要があってSlack API経由でチャンネルにinviteしようとしていたのだが、ドキュメントに指定されているscopeを付与しているのに足りないとエラーが出て、全然わからん。結局、ユーザIDだけ全部ダンプして、UIから入力して招待した。目的は果たせたが、くやしい感じ。

やりとりをしている方から、データセットを置いてあるGitHubリポジトリのアクセス権をいただく。求めていたデータがたくさんあるぞ〜!という喜びと同時に、コントリビューションする余地がたくさんあって、これはこれで「やっていかねばなるまいな……」という感じ。予想はしていたものの、ひとさまのデータセットがあれば自分のやろうとしていることがしゅっとできるなんてことはないよな。いっそ腹を決めて、malicious packagesについてめちゃ知ってるという状態を目指す他ないか。

しかし、はやく実験を行える状態を作らないと、いつまでも可能性を追っているだけになってしまう。はやめにひとつめの収束を作って、多分そこですんなりとはうまくいかないだろうから、次にまた発散・収束フェーズを一周して、というのを繰り返していくのがいいんだろうなあと思う。