昨日の社長との1 on 1からの持ち帰りの件をさっそく進める。やらんとなーと思いつつ出遅れていたので、まきかえしていかないとなあ。

CTO協会で、平井デジタル改革担当大臣に訪問する機会をいただいたので、内閣府へ。大臣の印象は豪快なおっちゃんという感じで、大きな物事を進めるにはこういうタイプの方が適してるのだろうなあという気がする。自分も、なにかしら関わっていきたいなあと思う。

書店で、山本貴光さんの新刊『記憶のデザイン』を購入。さっそく読み始める。ネットが人間の記憶を支援するような仕組みを、記憶の根本的な原理から考えることで設計しようという、野心的な試み。この本は、書き下ろしということだが、あれだけ仕事をしていてよくもこんな面白い話を書き下ろしで書けるものだなあと、あらためて感嘆を覚える。自分もそういうことをやりたいものだなあと思う。

夕食を食べながら、「「非行の根っこに寄り添う〜少年育成指導官・堀井智帆〜」 – プロフェッショナル 仕事の流儀 」を観る。大人は正論をおしつけてくる存在という先入観を変えていくといいつつ、けっこうお説教的なこともいってるような感じもしたが、受け入れられている感じで、そのあたりはこの方の関係性のとりかたによるところがあるのだろうなあと思う。それにしてもキリがない仕事なようにも思えて、ただただすごいなあと感心する。

ご飯を食べたらなんか眠くなってきてしまって、本を読んでいたが早々に寝てしまう。