最近、相変わらず朝はゴロゴロしてはいるけど、起きたらシュッと起きられる感じがする。論文読み会からの、評価関連の作業やミーティングなどなど。夜はCTO協会のミーティング。

夕食を食べながら、NHKプラスで「明智光秀のスマホ」というシリーズ番組を5話まで観る。観始めてみると面白くて、最後まで一気に観てしまった(といっても1話5分の短いものだが)。NHKは最近Twitter連動企画が続いてるなあ。しかし、作り込みがすごくて、このあたりはNHKだからこそという感じがする。

研究関連で、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CPSF)」を眺める。副テーマ研究に関連する内容であることと、Webアプリだけでなくもっと広くCPSまで含めて課題を考えてみるとよいのではないかと思ったから。よくもまあこれだけまとめたなあという労作で、霞が関の官僚たちの能力はマジヤバい。何かアイディアを得るということはなかったが、いろいろ使えそうな知識を得られてよかった。

先日、インターネットの歴史本を読んだ話を研究室のSlackでしたら、特任准教授の先生から『BSDを256倍使う本』もお薦めされたので買ったのが届いたのでパラパラめくる。1995年の本ということもあり、かなりいろいろ時代がかっているのだが、熱気みたいなのは伝わってくる。いまはこういう本は商業ベースではあまりなさそうだもんなあ。

就寝時に『Linuxで動かしながら学ぶTCP/IPネットワーク入門』を読み勧めている。ベッドの中なのでコマンドを実行して確かめたりはしてなかったので、サポートサイトに掲載されている、本書で実行したコマンドのリストを眺めて思い出しつつ、ぽちぽちいじってみたりなど。なんか素朴に楽しい感じがする。これもちょっとずつ進めていこう。