昨晩、寝る間際にバイデンさんの当選確実をアメリカのメディア各社が報じた。長かったなあ。トランプさんが勝つだろうと予想していたのだが、さすがにアメリカの人々も持ち直したようだ。

Kは今日から数日間白馬へ行くということで、朝早く出ていく。いいなあ。多分ネット環境がないだろうので、自分は行かず。二度寝して11時過ぎに起きる。書店に行きたいという気持ちが高まり、渋谷の丸善ジュンク堂書店へでかける。しかし、あれこれ見て回るも何も買わずに終わる。その後、お茶しながら『信頼と裏切りの社会』を読む。だんだん面白くなってきた。さらに、モディの書店にも寄ったが、改装中ということであまり見られず。

散歩しようというわけで、南青山まで歩く。その間に予約しておいたCICADAについて、ギリシャのワインを飲みつつ、チーズを混ぜ込んだ野菜餅ものとか、ラム肉のタジン鍋などを食べる。美味しい。CICADAはいいなあ。旅行をするのが面倒でほとんどしてこなかったのだし、今後しばらくは行きたくてもなかなか難しい状況が続きそうで、実地にあちこちにいって見聞するということができないのは残念なことではあるのだが、いまこうしてワインと料理の素晴らしさを現に感じていることで、わりとそれでいいんじゃないの?とか思ってしまう。

酔い醒ましに、歩いて帰る。背中のあたりがかなり痛くなって、きつい。肝臓の裏あたり?でも、両方痛いのでそうとばかりもいえなさそう。でもやっぱり肝臓という気がする。全然飲めなくなっていて、悲しい。お酒飲めなくなるのもそれはそれで困るので、適度に飲むようにするほうがいいだろうけどなあ。でも最近は勉強とか研究とかあるしあんまり飲もうという気にもならないのだった。ほうほうの体で家まで帰り着く。だいぶきつかったのでタクシー使えばよかったのに、なんかがんばって歩いてしまった。

1時間半ほど寝て起きたらだいぶ回復していて、『問いからはじめる家族社会学―多様化する家族の包摂に向けて』を読み始める。

その後、以前K氏から教えてもらった「将棋ウォーズ」を数日前にようやく入れたのでやろうと思っていたのを思い出して、めんどうでおいてあったユーザー登録をして、コンピュータと対戦。「簡単」モードだとさすがに弱い感じ。それで気を良くして人間とやってみたら、5級のひととマッチした。最初は悪くなかったのだが、時間がどんどんなくなっていって、それで焦ってまともに打てなくなり、結局時間切れ。時間あっても余裕で負けてたなあ。その後、コンピュータと「普通」モードで対戦して1勝1敗。面白くなってきて、将棋の入門書を買おうとしたところで、こんなことをやっている場合なのだろうか?と我に返って、やっぱやめた……。いやまあ、ちょいちょいやる分にはいいんだろうけど。

将棋をやったのはもう30年以上ぶりとかなのか?まったく記憶にない。父親がめちゃくちゃ強くて、子供の頃に教えてもらいはしたけど、ルールをおぼえたあとは常にぼこられまくってたから、それでやる気をなくしてしまったのであった。詰将棋や戦略の本などもたくさんあったのだが、そういうのにはほとんど興味がなくて、将棋の歴史の本はかなり熟読した記憶があるなあ。

OPN、ザ・ウィークエンド、サフディ兄弟、『TENET』 奇才たちが共有するポップカルチャーの時代精神 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)」という記事を読んだ関係で、本を読んだり散歩したりしている時に、Oneohtrix Point NeverやThe Weekendなどを聴いていた。OPNは、Aphex Twinを昔聴いていた時みたいな感じを覚えるなあ。The Weekendは全然違う文脈なように思えるのだけど、楽曲の良さの差が激しい感じがするなあ。最近あちこちでかかってる曲がこのひとのものだというのも初めて知った。ああいういなたい感じの曲は好きだなあ。音楽から離れまくっていて全然わからなくなってしまったのだが、こうやって面白いひともいるわけだし、もっと聴いていこうと思う。