今日も朝から夕方まで授業。午前は「高機能コンピューターネットワーク」、午後は「ソフトウェア設計論」。毎回毎回宿題を出してくる「ソフトウェア設計論」の授業だが、今回の宿題はボリュームも多くてかなりげんなりしてきたが、やるしかない。そして、多分ラスト2回の宿題がめちゃヤバそう……。この週末で宿題とレポートが山ほど増えたので、明日は一日かけてひたすらできるだけ片付けよう。

まあでも、宿題もレポートもやれば終わるから、研究に比べればずっと楽だよなあ……。なんてことを考えながら、授業を終えたあと、散歩。面白い可能性があるアイディアを思いついたのだが、実現可能性があるのだろうか、と考えながら歩く。実現できればけっこういい感じかも知れない。Nervesをいじることによって、あれこれアイディアが出てくるようになった。やっぱり手を動かないとだなあ。

夜は、Kが作ってくれたキムチ鍋と、作っているのを知らずに買ってきた焼き鳥などで夕食。まあ、ちょうどよかったかも。ずいぶん前にかってあった、アルゼンチンのメンドーサ州のスパークリングワインを開ける。松田龍平さんが芥川龍之介役として主演している、戦間期の上海を舞台にしたドラマをNHKプラスで見始めたのだが、松田龍平さんの演技がかなりヤバくて「あれ、こんなんだっけ……」と驚く。舞台自体は興味深かったのだが、ちょっと観てらんなくて、途中で止した。

タスクをどんどん片付けていこうと思って、まずは木曜日にLTすることになっているイベントのためのスライドを作る。2時間半ほどかけて完成。もうちょっと作ったり検証したりもしたかったのだが、これ以上時間をかけても、LT的な意味で得るところは少ないし、やり方は見えている内容でもあるので、おいといた。

しかし、大学院の授業を受けていると、自分の仕事の根幹を支えているコンピュータやインターネットに関することについてすら、大量に知らないことがあって、こわい感じがする。そもそも、何を知らないのかもしらないということがまだまだたくさんあるだろう(他の分野に比べれば少ないかもしれないけど)。もっともっと勉強しなければ。興味を広く持って、様々なことに疑問を持つようにして、その都度解決していきながら知識をつけていこう。