2020年11月23日

いよいよ宿題とレポートがヤバいので、祝日だけどどこにも行かずにできるだけ進捗させようと思って、朝から「ソフトウェア設計論」の宿題に取り組む。

作図が大変で、時間がかかる。朝10時過ぎから開始して、ひとつ終わったのが15時回ったあたり(途中、昼食を食べたりもしたけど)。なんでこんなに時間がかかるのかと、手の遅さが恨めしい気持ちになる。続けて、次の宿題に着手。こちらも量はそこそこあるが、あまりよく理解してない内容(Javaのスレッド周りのレースコンディションとかデッドロックとかの話)なので面白い。

夕方、疲れてきたので、お茶しながら「絵画の見かた」という特集の「美術手帖 2020年 12月号」を読む。わりと短めの鼎談やインタビュー、論考で構成されていて、いつもよりは読みやすい感じ。「見かた」ということよりも、絵画を書く人々とが何を考えてその表現を選んでいるのかということに重きが置かれた内容であったようにも思えた。しかし、なぜ「絵画」なのか、というのはあまりわからず。千葉雅也さんが、絵画の制作を追体験するのがだいじみたいな話をしていて、『かたちは思考する』に大きな感銘を覚えたりもしているので、そのように作品を見ていきたいと思う。

夜、夕食を食べながらNHKプラスで「ファミリーヒストリー」を観る。今日はハリセンボンというお笑いコンビの方。どういう人選なのかわからないが、いつもよくそんな話が出てくるよなあという調査ぶりで、驚く。

その後、IoTデバイスの開発プラットフォームについて少し調べたり、Google Scholarで副テーマに関する論文を探したりした後、宿題に戻る。さらに3時間ほどかけて、今日ふたつめの宿題が終わり。今週末までの期限でいうと、「画像処理特論」のレポート課題が残っているのみ(これはこれでそこそこ量があるのだが)。しかし、来週末のものがけっこうやっかいなので、早めにすすめておく必要がある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA